MENU

【Salesforceを始める前に】知っておきたいSaaSの基礎知識

Salesforce(セールスフォース)は「SaaS」というクラウドサービスです。
では、SaaSとは、そもそもどういったものなのでしょうか?
ここではSaaSの概要や、SaaSで可能になることなどを紹介していきます。
Salesforceを導入する前の参考資料としてお役立てください。

SaaSとは何か?

SaaS
 
SaaSは「Software as a Service」の頭文字をとった略語です。
「サービスとしてのソフトウェア」という意味で、ここでは「クラウドサービスとして提供されるソフトウェア」を指します。

少し前までは、ソフトウェアを使うためにそれぞれのパソコンに1台ずつインストールする必要がありました。
それではコストがかかりますし、パソコンの環境やスペックによっては不具合が起きるおそれがあります。

そこで台頭してきたのが、ベンダー側に設置したソフトにユーザーがブラウザ経由でアクセスして使うタイプのサービスで、これが進化したのがSaaSです。
「インターネット経由でアプリケーションを使う」という部分は昔から存在するASPと同じですが、ASPは各ユーザーに専用の環境を提供するシステムです。

複数のユーザーでソフトウェアを提供するSaaSとASPは根本的に異なりますが、ユーザー視点での使い勝手はあまり変わらないので、混同されることがあります。

SaaSの代表例としては、GmailやGoogleドキュメント等が有名です。
そしてSalesforceもSaaSの1種であることを覚えておいてください。

CRMを使ってできること

SaaS
 
CRMとは「Customer Relationship Management」の頭文字をとった言葉で、「顧客関係管理」と訳されています。
CRMツールを活用すれば以下のことができます。

  • 顧客情報の一元管理
  • 営業チーム全体の情報共有によるパフォーマンス向上
  • 問題発覚時におけるケアやサポートの迅速化や適正化

そしてSalesforceのようにCRMをSaaSで提供することによって、以下のメリットが得られます。

  • どこからでも自由にアクセス可能
  • クラウドに保存することで高い安全性を得られる
  • 保守管理やメンテナンスのコストが不要
  • インストール不要で、端末の環境などに依存しない
  • 常に最新版を利用可能
  • コストが安い

特にコスト面では様々な効果があります。
例えば「キャンペーン中だけ試しに使ってみる」「とりあえず数人でのみ使ってみる」といった試用を行いやすいので、導入までの経済的・心理的なハードルが下がります。
試用の結果、気に入れば本格的に部署全体に導入し、不要であれば見送って別のサービスを探すだけで済むので、自社に合ったサービスを試しやすくなります。

SaaSで提供されるSalesforceには様々な魅力がある

SaaSはクラウドサービスの1種であり、SalesforceもSaaSです。
端末を問わずどこからでもアクセスでき、エンジニアのメンバー全体で情報を一元管理しやすく、安全性が高いなど、SaaSで提供されるサービスには様々な利点があります。

業務効率向上のために、SaaSの1つであるSalesforceの導入を検討してみてはいかがでしょうか。