MENU

Salesforceエンジニアを成長させるSalesforce認定の種類:Platform デベロッパー

Salesforce(セールスフォース)には様々な資格があり、エンジニアのスキルを認定しています。
当記事では、「Platform デベロッパー」について紹介していきます。エンジニア採用の際に、ご参考にしてみてください。

どのような資格であり、これを所持するエンジニアにはどのようなスキルがあると証明されるのか、採用担当者はチェックしておきましょう。

Salesforceの認定資格「Platform デベロッパー」とは

デベロッパー
 
「Platformデベロッパー」は、Lightning プラットフォームを扱ってSalesforceの拡張等の開発スキルがあることを示す資格です。
「Platformデベロッパー」と「認定上級Platformデベロッパー」の2つの資格があるので、それぞれ紹介していきます。

Platform デベロッパー

Lightningプラットフォームのプログラミング的機能を使用した基本のビジネスロジックおよびユーザインターフェースの開発とリリースの経験があり、後述の試験範囲に示すスキルおよび概念を実践的に応用したことがある方を対象としています
開発者として1年から2年かつ、Lightningプラットフォームの6ヶ月以上の経験がある人に向けた資格です。
この資格の取得者には以下のスキルや知識や経験があることが認定されます。

スキル

  • Lightningプラットフォームの基本的なプログラミング機能を使用してSalesforceの機能を拡張するカスタムインターフェースやカスタムビジネスロジックを開発できる
  • ApexとVisualforceを使用してLightningプラットフォームを拡張できる
  • プラットフォームの関連する宣言的機能に精通し、必要に応じて活用できる

知識

  • Lightningコンポーネントについての知識
  • 宣言的方法とプログラミング的方法を使用するケースの相違点の知識
  • 開発からテストまでの開発ライフサイクルの知識
  • Salesforceモバイルアプリケーション機能とLightningフレームワークの基礎知識
  • LightningプロセスビルダーとApexトリガを使用するケースの相違点の知識

経験

  • Java、JavaScript、C#、Ruby、NETなど、オブジェクト指向言語に関する経験
  • データ駆動型のアプリケーションとリレーショナルデータベースに関する経験
  • MVC(モデルビューコントローラ)アーキテクチャとコンポーネントベースのアーキテクチャに関する経験

認定上級Platform デベロッパー

「Platformデベロッパー」の上位資格です。
開発者として2年から4年、Lightningプラットフォームに1年以上の経験がある人に向けた資格です。
この資格の取得者には以下のスキルや知識があることが認定されます。

スキル

  • プラットフォームを拡張/カスタマイズする特定のビジネス課題/プロセス要件を満たす適切なソリューションを定義できる
  • カスタムユーザインターフェースの構築ができる
  • Lightningコンポーネントフレームワーク、高度なVisualforce、中程度のJavaScriptを使用して、Salesforceデータの操作ができる
  • データセットの大きさに合わせて処理するApexコードを開発できる
  • カスタムアプリケーションをリリースできる
  • Salesforceデータモデリング、インターフェース設計、コード開発、テストの基本指針とベストプラクティスを理解し、これらの指針を実際の開発環境に適用できる
  • 宣言的およびプログラミング的手法を使用して、複雑な共有モデルを設計して実装できる
  • 一般的なWebおよびSalesforce固有のセキュリティ上の懸念事項を理解し、ベストプラクティスを適用できる
  • アプリケーションコンポーネントについて十分な品質(コードカバー率、アプリケーションの動作、拡張性、環境の独立性など)を保証するテスト計画を設計して実装できる
  • 一括処理、スケジュール、@future などの非同期プログラミングを理解して使用できる
  • Apex SOAPおよびREST Webサービス、SOAPおよびRESTを使用したApexからの呼び出し方法を理解して使用できる
  • 様々なプログラムコンテキストにおけるエラーおよび例外処理の適切な手法を理解して適用できる
  • トリガの開発、デザインパターン、その他ロジックの開発と再利用に関するベストプラクティスを実装できる
  • LightningページとクイックアクションにLightningコンポーネントを表示する方法を知っている

知識

  • Lightningプラットフォームの宣言的およびプログラミング的機能に関する知識
  • プラットフォームの動作、制限、パフォーマンスに関する考慮に関する知識
  • 一般的なWebおよび Salesforce 固有のセキュリティ上の懸念事項に関する知識
  • Salesforce 開発ライフサイクルへの幅広い理解
  • すべてのリリースツールを理解し、各ツールを適用するケースの把握
  • Visualforceページを調整することができ、コントローラ設計のパフォーマンスに与える影響への理解

Salesforceの認定資格「Platform デベロッパー」として認定されるためには

デベロッパー
 
ここからは資格試験の範囲や試験情報等を記載します。

Platform デベロッパー

試験範囲は以下の5つです。

  • Salesforceの基本(与えられたシナリオに従って宣言的カスタマイズの一般的なユースケースを特定する等)
  • データモデリングおよび管理(与えられた要件に従って適切なデータモデルを決定する等)
  • ロジックとプロセスの自動化(宣言的プロセス自動化機能を説明する等)
  • ユーザインターフェース(Visualforceページを使用してSalesforceデータを表示する方法を説明する等)
  • テスト(テストフレームワークとリリースの要件を説明する等)

試験情報は以下です。

  • 受験資格:なし(誰でも受験可)
  • 試験内容:多肢選択式または複数選択方式で60問
  • 所要時間:105分
  • 合格点:66%
  • 受験料:20,000円(税別)
  • 受験方法:テストセンターまたはオンライン環境で監督下の試験

認定上級Platform デベロッパー

試験範囲は以下となります。

  • Salesforceの基本(シナリオに従って、共有オブジェクト、履歴オブジェクト、メタデータオブジェクト、マルチ通貨、Chatterオブジェクトなど、基本システムオブジェクトの影響を分析する等)
  • データモデリングおよび管理(与えられたシナリオに従い、Apex管理による共有が使用される場面を特定し、妥当性を説明する等)
  • ロジックとプロセスの自動化(与えられたシナリオに従って、宣言的・プログラミング的を含めた複数の自動化プロセスの実行順序の影響を説明する等)
  • ユーザインターフェース(与えられたシナリオに従って、適切なVisualforceコントローラを使用する等)
  • パフォーマンス(ユーザインターフェースの一般的なパフォーマンスの問題を特定し、その軽減方法・ツールを説明する等)
  • インテグレーション(与えられた要件に従い、インバウンドコミュニケーションに対するプログラミング手法とプラットフォーム機能を適用する等)
  • テスト(与えられたシナリオに従って、期待した結果の得られないApexテストに対して、問題を分離・特定するための手法やツールを使用する等)
  • デバッグツールとリリースツール(与えられたサンプルJavaScriptコードに対して、問題を特定し、ベストプラクティスを適用する等)

試験情報は以下です。

  • 受験資格:Platformデベロッパー合格者
  • 試験内容:多肢選択式または複数選択方式で60問
  • 所要時間:120分
  • 合格点:70%
  • 受験料:20,000円(税別)
  • 受験方法:テストセンターまたはオンライン環境で監督下の試験

資格保有者はエンジニアとしてのスキルを認定されている

Platformデベロッパーや認定上級Platformデベロッパーは、本記事に記載してあるようなスキルと知識と経験を持っています。

Salesforceが提供している受験ガイドには最新の情報が詳細に掲載されているので、そちらも確認し資格保有者に認定されたスキル等を把握しておきましょう。