MENU

【Salesforceを始める前に】知っておきたいMAの基礎知識

Salesforce(セールスフォース)を始める前に、Salesforceにはどんな機能が備わっているか確認することが大切です。
SalesforceにはCRMとSFAのほか、MA(マーケティングオートメーション)の機能もあります。

本記事ではMAとはなにか、どんな機能がついているのか紹介します。

MAとは?

マーケティング
 
MA(マーケティングオートメーション)は、マーケティングに関する作業を自動化できるツールです。

データ統合や行動分析などを人の手で行うと時間がかかってしまいます。
MAはデジタルでできる作業をツールに任せることで効率化し、より有望な見込み顧客データを営業部門に渡せるようになります。

MAは情報の集計・整理・抽出・解析を得意とするツールです。
SalesforceのMAには主に以下のような機能があります。

見込み顧客管理

さまざまな営業活動などによって得た見込み顧客の情報を管理する機能です。
企業名・氏名・役職だけでなく、行動履歴や流入ルートなどの情報も管理できます。

スコアリング

メールの開封率や自社HPへの訪問回数など、見込み顧客の行動をスコアとして管理する機能です。
スコアの高い見込み顧客ほど自社に興味があるということになり、「成約確率が高い」と判断できます。

キャンペーン管理

見込み顧客の属性や行動履歴に合わせた、いつ、どんな施策が効果的か判断できます。

BtoCで活躍する多数の機能

メール配信やステップメールなどBtoCを意識した機能が充実しています。

Pardotを使ってできること

マーケティング
 
PardotはSalesforceのMAです。
ここではPardotの機能の特徴を紹介します。

スマートな営業を可能にする

素早く成約を勝ち取るためには、正確な情報が必要です。
Pardotは営業担当者が必要な情報を素早く正確に伝えることで、スマートな営業を可能にします。

可能性の高い見込み客を獲得できる

ツールを活用することにより、マーケティングの段階で有力な見込み顧客を絞り込めます。
そして絞り込んだターゲットに、メールなど一人ひとりに合わせたキャンペーンを展開できます。

単純作業を自動化できる

マーケティングや営業の仕事の中にある単純仕事をすべて自動化できます。
そうすることで、新規ビジネスの開拓など他の仕事に集中できます。

ダッシュボードでROIを確認できる

ダッシュボードは自社に合わせてカスタマイズでき、ダッシュボードから確認できます。
またチームごとの貢献度の比較や利益目標の再設定なども容易に行えます。

デジタルに対応した作業を自動化できる

MAはデジタルに対応した作業はすべてツールで自動化することで、エンジニアの業務を効率化できます。
さらに見込み顧客に関するさまざまな情報を効率的に管理することで、営業担当者により有益な情報を渡せます。

顧客情報の管理などをもっと効率化させたいと考えている企業は導入を検討してみてはいかがでしょうか。