MENU

【Salesforceを始める前に】知っておきたいSFAの基礎知識

Salesforce(セールスフォース)は、多くの企業で導入されているツールです。
SalesforceにはCRMとSFAの機能が備わっています。

本記事では営業支援システムであるSFAとはなにか、どんなことができるのかを紹介します。

SFAとは?

SFA
 
SFAとは「Sales Force Automation」の略称です。
日本語では「営業支援システム」と呼ばれており、商談の進捗状況やその結果などを蓄積・管理できます。

SFAがビジネスで役立つ理由はまず、エンジニアの「効率化」です。
顧客情報を一元管理し、リアルタイムで共有できれば、最新情報を常にチェックできます。
例えば、営業担当者が訪問前に最新の顧客情報をチェックできれば、それをベースに商談ができます。

その他にもさまざまな機能がありますが、ここでは代表的な3つの機能を紹介します。

案件管理機能

案件管理機能は、営業担当者の案件がどんな状況なのか、商談上の問題はないか、成約確度はどのくらいかなど、個々の商談を時系列ごとに管理できます。

活動管理機能

SFAはメンバーの活動が、顧客情報と案件情報に結び付いています。
そのため、営業担当者の行動がどれだけ成約や売上に結び付いたのかが分かり、無駄のない営業活動を実現できます。

顧客管理機能

顧客情報を管理していると、一部の顧客が売上の多数を占めていることが分かります。
その「お得意様」とも言える会社をピックアップし、さらに営業をかけることで、戦略的な営業が実践できます。

Sales Cloudを使ってできること

Sales Cloud
 
Sales CloudはSalesforceのSFAです。
Sales Cloudでは主に以下のことができます。

顧客のニーズに合わせたショッピング体験が実現できる

あらゆる情報を蓄積・分析することで、売上の高い顧客との長期的な関係を構築できます。
営業、マーケティング、請求、サービスチームなどが連携することで、見込み顧客のニーズに合わせた営業が可能になります。

営業担当者の業務を効率化

手作業の自動化やプロセスの標準化など、あらゆるデバイスからアクセスできるデータを作成できることで業務を効率化できます。
また組み込まれたAIによって、ガイダンスや予想ができ、それを活用してチームの生産性を高められます。

より多くの対象にリサーチし戦略を組みたてる

業界や市場などどの場面でも新規参入を考えているなら営業戦略の見直しが必要となってきます。
SFAを活用すれば営業テリトリーを作成し、パフォーマンスを確認できます。
また担当者の業務達成度などを簡単に追跡・確認可能です。

効率的に営業活動ができる

SFAは、営業業務を効率化できるツールです。

顧客情報を一元管理して共有し、どのデバイスからもアクセス可能にすることで、営業担当者はすぐに顧客情報をチェックできます。
また、売上や成約貢献度なども管理できるのが特徴です。

営業活動をもっと効率化したいと考えている企業は導入を検討してみてはいかがでしょうか。