MENU

【Salesforceを始める前に】知っておきたいCRMの基礎知識

Salesforce(セールスフォース)は、多くの企業に導入されているクラウドベースのCRMソフトウェアです。
ではそもそも顧客管理システムであるCRMとはどんなものなのでしょうか。

本記事ではCRMとはどんなものなのか、CRMを使ってどんなことができるのかを紹介します。

CRMとは何か?

CRM
 
CRMは顧客管理ツールと呼ばれています。
「Customer Relationship Management」の略称で、顧客との関係性やコミュニケーションを管理するために活用されます。
顧客の視点に立ちマーケティングを行うことで、顧客との良好な関係を維持し、顧客の生産価値を向上させるという考えのもとつくられました。

CRMにはさまざまな機能が搭載されていますが、ここでは代表的な3つの機能を紹介します。

顧客情報管理機能

ユーザーの基本的な情報だけでなく、取引内容や商談などの履歴情報を管理できます。
またカスタマイズ機能によって管理したい項目を追加できます。

配信機能

メールなどの情報を配信できる機能です。
顧客を分類した上で開封率の検証なども可能なため、メールでのアプローチ精度を高められます。

問い合わせ管理機能

ユーザーからの問い合わせ内容を履歴として保存・蓄積できます。
返信漏れや二重返信を防げます。
また問い合わせ内容を「よくある質問」としてまとめれば、作業の手間を削減できます。

CRMを使ってできること

CRM
 
ではCRMを活用することで、具体的に何ができるのでしょうか。
ここではCRMを使ってできることを紹介します。

営業チーム全体のパフォーマンスアップが期待できる

CRMに蓄積されたノウハウやスキルをチーム全体で共有することで、パフォーマンスアップが期待できます。
またマネージャーは全体の進捗状況を把握できるので、タイミングに合わせたサポートやアドバイスが可能です。

顧客情報を一元管理できる

入力した顧客情報を即座にチーム全体で共有できます。
情報はいつでもすぐに取り出せるので、生産性の向上が期待できます。

またSalesforceはセキュリティレベルが高く、自社で情報管理を行うよりも情報漏洩などのリスクが低くなります。
さらにSalesforceはクラウド型なので、サーバー設置が不要です。
サーバー設置に関する初期導入費用が不要なため、低コストで導入可能です。

リアルタイムなケアやサポートが可能

CRMを導入すれば、リアルタイムの状況を把握できるため、タイミングを逃さずメンバーにアドバイスをもらえます。
Salesforceは、パソコンだけでなく、タブレットやスマホからもアクセス可能です。
そのため営業先で顧客情報を確認したい時にも役立ちます。

さまざまなメリットがあるツール

CRMは顧客情報を一元管理し、エンジニアのチーム全体で共有することで生産性を上げられます。
またノウハウを蓄積できるので、チーム全体のパフォーマンス向上も期待できます。

業務効率を上げたいと考えている企業は、Salesforce導入を検討してみてはいかがでしょうか。