MENU

salesforceエンジニアを進歩させるsalesforce認定の種類:salescloudコンサルタント

顧客関係管理ツールであるsalesforceエンジニアには、いくつかの公認資格があります。
この資格があれば、salesforce(セールスフォース)に関する専門的な知識があることが客観的に証明されます。

本記事では、salesforceの資格のひとつである「salescloudコンサルタント」を紹介します。

salesforceの認定資格「salescloudコンサルタント」とは

salescloud
 
salesforceコンサルタントは、salesforceソリューションの設計・実装ができるコンサルタントであることが証明する資格です。
salesforce機能を最適化する設計経験があり、機内でソリューションの実装を主導できるスキルが必要となります。

以下のような経験とスキルが必要です。

  • シニアビジネスアナリストとして2~5年の経験がある
  • コンサルティングを実践できる体系的なスキルセットが可能である
  • 分析と問題解決に関するスキルがある
  • salesforce導入プロジェクトのライフサイクル管理経験がある
  • インターネット技術とクラウドコンピューティングを理解している
  • ソフトウェア開発のライフサイクルの知識がある
  • salesforce製品に関する深い知識がある

salesforceの認定資格「salesforceコンサルタント」として認定されるためには

salescloud
 
salesforceコンサルタントの試験を受けるには、salesforceソリューション実戦経験と以下の各機能を利用した経験が必要とされています。

業界の知識

  • 営業指標、KPI、経営課題に影響する要素を説明できる
  • 一般的な営業プロセスと考慮事項を説明できる

実践戦略

  • コンサルティング契約につながる方法が判断できる
  • 適切な営業展開に関する考慮事項が判断できる
  • salesforce実装プロジェクトの成功が見積もれる

salesforceソリューションの設計

  • 与えられた要件に従い、リード、商談、見積もり、成約に至る営業プロセスを設計できる
  • 顧客の要件を分析し、適切なソリューション設計が判断できる
  • リードの取引開始プロセス設計時に適切なアプローチが特定できる
  • 営業プロセス設計時に実装の考慮事項が説明できる
  • 取引先や商談チームに適切な使用例を説明できる
  • 注文実装時の機能、使用事例、設計上の考慮事項を説明できる

取引先と取引先責任者の管理

  • 取引先や取引先責者任レコードの所有権により、商談や活動に関する営業情報を表示できる
  • 取引先階層がある影響を説明できる

商談の管理

  • さまざまな影響プロセスをサポートできる方法を判断できる
  • 営業フェース、売上予測、パイプラインの関係を判断できる
  • 適切な売上予測ソリューションを判断できる

salesforceに関する知識があることが証明される

salesforceコンサルタント資格は、salesforceソリューションの設計および実装に関する知識やスキルがあることが証明できる資格です。
salesforceに関する深い知識を持った人材を探している企業は、この資格を目安にしてみてはいかがでしょうか。