MENU

Salesforce導入の際に確認したいコミュニケーションツール:Chatterとは

エンジニアのビジネスシーンでは、業務効率化のためのコミュニケーションツールが不可欠です。
この記事では、エンジニアの採用担当が知っておきたいSalesforceチャット機能のChatterについて紹介します。

Chatterでできること


Chatter(チャター)は、FacebookやTwitterのようなコミュニケーションツールです。メンション(@)やトピック(#)を使うことができます。なお、ChatterはSalesforce(セールスフォース)のひとつの機能です。

Chatterでは以下のことができます。

  • フォローは人だけではない
  • 投稿は組織内でオープン
  • 1対1のビジネスチャットは環境が限定される

FacebookyやTwitterなどのSNSは気に入った人をフォローすることが可能です。
Chatterも同様で、Salesforce組織内の社員やパートナーをフォローできます。

さらに、グループのフォローもできます。グループをフォローすることで、関連する事柄の投稿や情報収集が可能です。

ファイルのフォローも可能となり、資料の共有も簡単に行えます。営業担当が最新の製品仕様書をダウンロードするなど、使用用途が広がります。取引や商談の記録もフォローできるため、データ管理もしやすいです。

またChatterでは、投稿範囲を指定できません。これはFacebookと異なる点です。

投稿範囲を指定できないことで、社内での情報の拡散ができてコミュニケーションの活性化につながります。ただし、非公開グループへの投稿はグループ外ユーザーにはみえないようになっています。

Chatterは1対1のビジネスチャットは、利用環境が限定されています。利用できるのは、以前のSalesforce環境のClassicのみです。それ以外で1対1のチャットをしたいならば、mitocoといったAppExchangeを入れる必要があります。

ちなみに、mitocoは1対1のチャット以外に既読状況の把握や会話の分類など、ビジネスチャットソフトに不可欠な機能を持ちます。

Chatterを使用するメリット


前述したChatterの特徴から、使用すると以下のメリットがあります。

  • 生産性の向上
  • イノベーションを加速
  • さまざまな部門とノウハウの共有
  • ビジネスを、いつでもどこにいても

Chatterは、さまざまな部署の社員が連携できることで業務効率の向上が可能です。経費申請や社員の貢献度の評価、案件の進捗状況の更新など細かなことに対応できます。

また、優れたアイデアの発掘もできて、イノベーションの加速につながるでしょう。さらに、部門の領域を超えたノウハウを共有することは企業活動に有益です。Q&Aを回収して整理すれば、業務に役立てられます。

Chatterはモバイル対応となっているため、出先でもスムーズに業務をすることが可能です。モバイルファースト設計のため、強力で充実した使用環境を実現しています。

Chatterで業務の効率化を目指す

Chatterは、ビジネスシーンで活用しやすいコミュニケーションツールです。
SNSのような感覚でビジネスシーンで使用できるため、社内のコミュニケーションツールに検討してみてはどうでしょうか。