MENU

Salesforceエンジニアを成長させるSalesforce認定の種類:Service Cloudコンサルタント

Salesforceエンジニアにはいくつかの認定資格を発行しています。
管理者、アプリケーション構築者、開発者、アーキテクトなどの分野に分かれており、それぞれ専門知識とスキルが要求されます。
本記事ではSalesforce(セールスフォース)の資格のひとつである「Service Cloudコンサルタント」を紹介します。

Salesforceの認定資格「Service Cloudコンサルタント」とは

Salesforce

Service CloudコンサルタントはService Cloud ソリューションの設計・実装ができるコンサルタントであることを証明する資格です。
顧客のビジネス要件を満たし、保守や拡張性があるService Cloud ソリューションの設計および実装ができるスキルを持つことを証明できます。
特にコンタクトセンター分野を得意としており、クラウドコンピューティング実装コンサルタントとして活躍したい人に向いているとされています。
以下のようなスキルが求められます

  • シニアビジネスアナリストとして2~5年の経験がある
  • サービス中心のソリューションデザインと実装の管理経験がある
  • Salesforce製品の深い知識がある
  • データ管理とデータベース概念を理解している

Salesforceの認定資格「Service Cloudコンサルタント」として認定されるためには

Salesforce

Service Cloudコンサルタント試験を受けるには、ソリューションの実戦経験と以下の各機能を利用した経験が求められます。

業界の知識

  • コンタクトセンターの指標、KPI、経営課題に関する要素を説明する
  • さまざまな双方向チャネルとユースケースと利点を説明できる

実装戦略

  • コンサルティング契約につながる方法を判断できる
  • コンタクトセンター展開に関する適切なライセンスやデプロイ戦略を判断できる

Service Cloudソリューションの設計

  • 顧客の要件を分析し、適切なソリューションの設計を判断できる
  • パフォーマンスの最適化に効果的な主要コンポーネントを見極められる

ナレッジ管理

  • 作成、公開、使用などライフサイクルを説明できる
  • ビジネスプロセス要件に従い、ナレッジの使用と維持を管理できる
  • データカテゴリ、記事タイプ、記事、公開までのフローを決定できる

双方向チャネル

  • モバイル、電話、チャットなど双方向チャネルごとの使用事例と機能について説明できる
  • 最適なケース登録方法を決定できる

ケース管理

  • ケース作成からクローズまで、ケースの割り当てやエスカレーション、解決、処分などケースの管理ソリューションが設計できる
  • 複数のKPIに従い、適切な管理ソリューションを決定できる

サービスコンソール

  • ビジネス要件に合った適切なサービスコンソール機能を特定できる
  • どの機能を実装すべきか特定できる

Sales Cloudに関する専門的な知識があることが証明される

Service Cloudコンサルタントは顧客のシナリオに沿って、複数のアプリケーションを実装するための知識があることを証明できます。
Service Cloudの知識を持つエンジニアを探している企業はこの資格を目安にしてみてはいかがでしょうか。