MENU

今からエンジニアに教育を始めるべき。「Salesforce」の需要が伸びる理由

Salesforceの導入企業が増えています。

Salesforceはクラウドを使ったビジネスアプリケーションで、企業のさまざまな業務を効率化します。

本記事では、Salesforceの基本知識や需要が高まる背景を解説します。

Salesforceの技術者はこれから重宝されることが予想されていますので、採用担当者も基礎知識を身につけておきましょう。

Salesforceとは

Salesforce
 
まずは、Salesforceについて解説します。

Salesforceは営業やマーケティング、企画といった多岐にわたる分野で活躍する機能を持ちます。
具体的には、クラウド上で顧客管理や営業管理などが可能となります。

面倒なサーバー構築も不要ですので、インターネット環境があれば時間や場所を気にせず使用できます。
多くの機能を持つアプリケーションですので、導入企業に制限がありません。

なお、提供元は米国カリフォルニア州に本社を構える、セールスフォース・ドットコム社です。Salesforceの導入企業は日本や海外に多数存在します。

Salesforceの需要が高まる背景

Salesforce
 
Salesforceの需要が高まる背景について、以下のような特徴が挙げられます。

どの業界でも使用できる

Salesforceは、どの業界でも使用できるビジネスアプリケーションです。
一般的に、業務用のアプリケーションは、限られた業種にしか対応していないものが多いです。

しかし、Salesforceは業種や職種を選ばず使用できます。今後、利便性が周知されていけば需要が拡大していくでしょう。

すでにSalesforceを導入している業種は老舗旅館や自動車メーカー、家具メーカーなど多岐にわたります。

カスタマイズが自由自在

Salesforceの強みには、カスタマイズしやすいことがあります。
外部連携システムによって、自社に適する形で導入や運営が可能です。

また、アプリケーションの連動も可能ですので、出先でSalesforceを利用できるのもメリットです。

決まったハードでしか利用できないシステムではないので、実用性が高く生産性向上に役立つサービスです。

意思決定ツールとして使いやすい

Salesforceを活用すると、目標物などのオブジェクトごとにレポートが出てきます。
そのため、企業によっては意思決定のツールとしての活用が可能です。

さまざまな数値が可視化されることで、経営判断や戦略を練ることにも活用できます。

低コストでの運用が可能

Salesforceは低コストでの運用が可能です。
カスタマイズを大規模に行えば、それだけ費用はかかりますが、カスタマイズなしで利用すればコストの削減につながります。

カスタマイズなしの利用でも、パッケージでライセンス式のソフトウェアよりランニングコストなどを抑えることが可能です。

顧客管理が売上の増加につながる

営業支援にSalesforceを活用すると、顧客情報の使い方が効果的に行えます。

Salesforceの活用で、販売や営業を促進するときの予測数値や現在の進捗状況を把握することができます。
それは営業の質を高めることにつながり、売上増加にも好影響をもたらします。

Salesforceは今後、ニーズが高まるサービス

Salesforceはどの業種でも活用できるクラウド型サービスです。

業種を問わず活用できるサービスのため、今後はニーズも高まるでしょう。

エンジニア業界の企業であれば、Salesforceの教育をはじめてみましょう。
自社の利益につながるはずです。