MENU

Salesforceエンジニアが持つ資格「Salesforce 認定 Platform デベロッパー」とは

Salesforce 認定 Platform デベロッパーは、Salesforce 認定資格のひとつで、開発者に分類されます。
Lightning プラットフォームでのカスタムアプリケーション構築の知識やスキル、経験がある方を対象とした試験です。
ここではSalesforce 認定 Platform デベロッパー資格の概要について説明します。

Salesforce 認定 Platform デベロッパー

Platform デベロッパー

Salesforce 認定 Platform デベロッパーは公式サイトで以下のように定められています。

「Salesforce Platform での宣言的およびApex、Visualforceのプログラミング的機能を含むカスタムアプリケーション開発スキルを習得していることを証明する認定資格です。」
引用元: Salesforce 「Salesforce 認定 Platform デベロッパー

Salesforce 認定 Platform デベロッパーは基本資格と上位資格に分かれています。
上位資格を受験するには基本資格に合格している必要があります。
ここでは基本資格について紹介します。

必要なスキルと経験

Salesforce 認定 Platform デベロッパー資格は、Apex とVisualforce を使用し、 Salesforce を拡張するカスタムビジネスロジックやインターフェース開発のためのLightning プラットフォームの基本的なプログラミング機能を網羅した知識が必要です。
試験には、Lightning プラットフォームに関する基本のビジネスロジックだけでなく、ユーザインターフェースの開発・リリースの経験がある人を対象としています。
また開発者として1~2年の経験があり、Lightning プラットフォーム経験が6か月以上必要です。
また以下の知識とスキルが必要とされています。

  • Lightning プラットフォーム上の基本的な機能を使用し、カスタムインターフェースを開発でき、さらにカスタムビジネスロック開発が可能である
  • Apex と Visualforce を使用して、Lightning プラットフォームを拡張できる
  • Lightning コンポーネントを理解している
  • プラットフォームの関連する宣言的機能に精通ししており、活用できる
  • 宣言的方法とプログラミング的方法をそれぞれの違いと、使用するケースの相違点を理解している
  • 開発からテストまでの開発ライフサイクルに精通している
  • Salesforce のモバイルアプリケーション機能と Lightning フレームワークの基礎に精通している
  • Lightning プロセスビルダーと Apex トリガのどちらを利用するケースかが分かる
  • オブジェクト指向言語に関する経験がある
  • データ駆動型アプリケーションやリレーショナルデータベースに関する経験がある

試験の日程・費用

試験の日程や費用など主な概要は以下の通りです。

  • 試験形式:多肢選択/複数選択方式
  • 問題数:60問
  • 所要時間:105分
  • 合格ライン:66%以上
  • 受験料:2万円(税抜)
  • 受験方法:テストセンターまたはオンライン環境で受けられます。
     認定試験を受験するには、試験配信システムでアカウントの登録が必要です。
  • 前提資格:特に設定されていません。

認定 Platform デベロッパーの基本資格

Salesforce 認定 Platform デベロッパーは、開発者に分類される資格です。
基本資格合格者は上位資格に挑戦することができます。
Salesforce Platform上での開発スキルを取得していることが証明されるため、採用の際の指標にできる資格といえます。