MENU

派遣先の担当者が知るべき「Salesforceエンジニア」の仕事内容

Salesforceは全世界で15万社以上が導入している顧客管理システム(CRM)です。
人材サービスや小売り業など、業種を問わずさまざまな企業が導入しており、今後も需要も高まっていくことが予想されます。
しかしひとことに導入すると決めても、構築にあたってはSalesforceに知見が深いエンジニアも求められます。
今回は、Salesforceの構築に特化したSalesforceエンジニアについてご紹介します。

Salesforceエンジニアとは

まず、Salesforceの概要及びSalesforceエンジニアの基本的な情報になります。

Salesforceについて

Salesforceは、クラウド型の顧客管理システム(CRM)です。
顧客情報や営業活動の管理など営業に関する業務を効率化し、顧客との関係を築くための顧客関係管理もできます。
Salesforceは業種や企業ごとの使い方に合わせてカスタマイズができるため、多くの企業で導入が進んでいます。
提供しているのは米国のセールスフォース・ドットコム社で、国内外問わず多くの業種で使われているビジネスツールです。

Salesforceエンジニアの基礎知識

Salesforceエンジニアは、企業がSalesforceの導入をする際にサポートするエンジニアです。顧客が導入しているツールなどを把握して必要に応じた設計を行います。
企業がSalesforceを導入するにあたり、Salesforceに関する知見はもちろんのこと、導入しているツールとのつなぎ込みなど、業務効率の改善も求められます。

Salesforceエンジニアの仕事内容

ここからはSalesforceエンジニアの仕事内容についてご紹介します。

Salesforceエンジニアの仕事は企業に合わせてカスタマイズすること

SalesforceエンジニアはSalesforceの導入サポートが主な仕事内容になり、更に細かくいうとSalesforceを企業にあわせてカスタマイズすることです。
そのためには設計や開発だけではなく、導入を検討する企業の業務内容を理解することも必要です。

企業の営業担当やマーケティング担当からの要望があれば、随時追加の開発も行います。業務フローの改善を実施した際も同様です。
また、導入・開発・運用など全般的に担当する場合もあります。

Salesforceエンジニアに必要なスキル

Salesforceエンジニアは、製品に関する知識を中心に幅広いスキルが求められます。
開発は独自プラットフォームのForce.com上でApex言語を用いての開発になりますが、Apex言語はC♯と似ていることから経験が浅いエンジニアでも習得がしやく、案件によってはJava経験のエンジニアが未経験者として参加する場合もあります。

また、Salesforceは独自の認定資格を設けています。
取得した資格は世界中で有効なものになりますが、Salesforceがリリースする新機能に関して、定期的に試験を合格し続けることで資格を保持できます。

Salesforceエンジニアの仕事内容を理解しよう

Salesforceエンジニアの仕事は、Salesforceの導入について企業にあわせてカスタマイズすることです。
開発だけではなく、導入企業について深く理解することも必要になります。

Apex言語や独自の認定資格取得などが求められますので、Salesforceエンジニアの採用を検討されている方はエンジニアのキャリアだけでなく言語経験、資格も選定基準に含めるようにしましょう。

ウェビナー