MENU

Salesforce 導入を検討中なら専門家が必要!専門エンジニアを雇うべき理由:シナリオ設計編

Salesforceは世界トップシェアを誇るCRMツールです。
クラウド型の支援ツールとして多くの企業が導入しています。
Salesforceを導入するには専門家であるエンジニアを雇用した方がおすすめです。
この記事では、Salesforceのシナリオ設定の観点から専門エンジニアを雇用すべき理由について紹介します。

Salesforceを使ったシナリオ設計とは

シナリオ設計とは、どのような属性に対し、どんなアクションを仕掛けるのかという流れのおことを指します。
たとえばインターネットの広告からユーザーが飛んできた時、どの広告からアクセスしたかによって見せるべきページは異なってきます。
このようにユーザーの属性に合わせたシナリオを設定しておくことがシナリオ設計の基本です。

ターゲットを明確化しよう

そしてシナリオ設計において最も重要なのはターゲットです。
ターゲットを明確にすることで、作るべきシナリオもはっきりしてきます。
ターゲットを明確化するには「顧客属性」「顧客のライフサイクル」「顧客行動」の3つが有効とされています。
顧客属性は、性別や年齢、地域などの顧客の基本情報のことです。
顧客のライフサイクルは、新規顧客か、見込み顧客かの区別のことを指します。
最後の顧客行動というのは商品を買ったり、途中で離脱したりなどの顧客の行動です
これらの要素に分けてターゲットを分類すれば、目標に沿ったシナリオ設計ができます。

Salesforceエンジニアを雇うことでシナリオ設計が自社に特化できる

握手

SalesforceエンジニアはSalesforceの導入支援や開発、運用を行います。
導入の際の要件定義を行うのも、Salesforceエンジニアの仕事のひとつです。
導入後は自社のユーザーが使いやすいように、改修や機能追加などを行います。
自社の社員であれば業務内容について把握できているので、自社に沿ったシナリオ設計ができるのが特徴です。
専門エンジニアが専門のツールを使って顧客情報の分析やシナリオ設計を行うことで、マーケティング業務をさらに効率化できます。

業務効率化に役立つ

Salesforceを使ったシナリオ設計を行うには、顧客情報の入力はもちろん分析などの機能を的確に使いこなす必要があります。
しかし専門エンジニアがいないと、そもそもSalesforceのどの機能が適しているのか分からず、使いこなせない可能性も出てきます。
また機能追加や改修を行いたい時や、障害などが出てきた際にも専門エンジニアでなければ対応が遅れることもあるでしょう。
すると本来の業務に支障が出る可能性があります。
そのためSalesforceを導入する際には専門のエンジニアを雇用するのがおすすめです。