MENU

Salesforce 導入を検討中なら専門家が必要!専門エンジニアを雇うべき理由:資格編

CRMツールのひとつであるSalesforceの導入を考えている企業も多いのではないでしょうか。
Salesforceはただツールを導入するだけでなく、企業に合わせてカスタマイズする必要があるため専門エンジニアの雇用がおすすめです。
そこでこの記事ではSalesforceを専門とするエンジニアを雇用する際の目安のひとつ「資格」について紹介します。

Salesforceの資格の種類


Salesforceには認定資格があります。
認定資格は基本資格と上位資格で構成されており、基本資格の合格者のみが上位資格を受験できます。
ここではSalesforceの資格の一部を紹介します。

管理者/CRMコンサルタント

【認定アドミニストレーター】
Salesforce CRMシステムの管理者を認定する試験です。
Salesforceの管理機能を実行できる能力が求められます。

アプリケーション構築者

【認定Platformアプリケーションビルダー】
Salesforce Platformの宣言的カスタマイズ機能を使用し、カスタムアプリケーションの設計や構築、リリースのスキルがあることを証明するための認定資格です。

開発者

【認定Platform デベロッパー】
Salesforce Platformの宣伝的およびApexやVisualforceの機能を含む、カスタムアプリケーション開発スキルがあることを証明する資格です。

アーキテクト

【認定Development Lifecycle and Deploymentデザイナー】
アーキテクチャ環境と要件を評価し、その要件を満たせる管理ソリューションをSalesforce Platform上に実装できるかどうかを証明する資格です。

資格を持つエンジニアを雇うメリット


Salesforce導入・運用時に、社内に専門家であるエンジニアがいないと、エラー時の対応ができないことも多いです。
またSalesforceは導入後も業務に合わせて機能拡張や追加などを行うことが多いため、やはり専門エンジニアがいた方が効率的に業務を進められます。
上記のようなSalesforce認定資格を持っているエンジニアは、Salesforceの知識とスキルを持っていることを客観的に証明できます。
このような認定資格者を雇うことで安心して任せられます。
また同じ認定資格でも、「管理者/CRMコンサルタント」「アプリケーション構築者」「開発者」のように必要なスキルの内容が異なります。
また基本資格よりも上位資格を持っているエンジニアの方が、より高度なスキルを持っているということです。
雇う際に自社に必要な資格は何なのかを確認しましょう。

資格を持っていると安心

Salesforceエンジニアを実際に雇用する際には、どの程度の知識やスキルを持っている人材が必要なのか分かりにくいこともあります。
そんな時に便利なのが認定資格です。
認定資格を持っているということは、スキルや知識を客観的に証明されているということであるため、安心して仕事を任せられます。
雇用の前に自社に必要な資格を確認し、募集をしましょう。