MENU

Salesforce 導入を検討中なら専門家が必要!専門エンジニアを雇うべき理由:運用編

クラウド型CRMであるSalesforceは導入・運用までにさまざまな行程が必要です。
そのため導入の際には専門のエンジニアを雇用した方が効率的といえます。
ここではSalesforce運用の際に専門のエンジニアを雇用するべき理由を紹介します。

Salesforce運用フローとは


Salesforceは要件定義→設計・開発運用フローの次は運用フローに入ります。
Salesforceは導入したら終わりではなく、自社の業務に合わせて定期的に機能の追加や拡張などを行います。
継続的にSalesforceを利用し最大限の効果を上げるためには、専任のプロジェクト運用体制を整えることが大切です。
システム全体の統制を図り、より効率的に運用するためです。
また導入後の定着化も重要な点です。
要件定義を行い、自社の要件にあった導入・開発を行っても、正しく継続的に使われなくては意味がありません。
特に導入直後に実際にシステムを使った社員からは変更要望が発生しやすいものです。
より使いやすくするために、機能の設定などのカスタマイズは定期的に行っていく必要があるでしょう。
またSalesforceを大規模に導入する際には、個別で開発された機能を共通部品として別の組織に取り込んで標準化することもあります。
こうして運用の煩雑さを回避するのですが、このような方法も専門のエンジニアでなければ難しいでしょう。

Salesforceエンジニアを雇うことで運用が的確になる理由


Salesforceは導入後も、機能の拡張や追加、改修などの業務が発生します。
社内の営業やマーケターからより使いやすくなるように要望があることが多いため、業務の内容に合うようにしなくてはいけません。
これを専門家ではない社員が行うと、Salesforceの作業にばかり時間を取られてしまいます。
Salesforceを使うことばかりを考えて、本来の業務時間を短くしては本末転倒です。
またどの機能が必要か分からず、多くの機能を手当たり次第に入れた結果、使いにくくなることもあります。
ここの専門家のエンジニアがいて、専任のプロジェクト運用体制があれば、このような御混乱は起きにくくなるでしょう。
どの機能が業務に必要なのかを的確に見抜き、素早く導入・運用してくれます。
そのためSalesforceは導入時だけでなく運用時にも専用のエンジニアが必要といえます。

運用時にも専門家の力が必要

Salesforceは運用時にも、より使いやすくなるように改修を行うことも多いです。
しかしそれを非エンジニアの社員が行っていては、時がかかり通常の業務に支障をきたす可能性があります。
また不要な機能ばかりが増える場合もあるでしょう。
このような事態を回避するためにも専門のエンジニアを雇用し、専任のプロジェクトを立ち上げる方が効率的なのです。