MENU

Salesforceエンジニアの採用単価は高い?派遣エンジニアに従事してもらうメリットとは

Salesforceエンジニアとは、クラウド型CRMソフトウェアの「Salesforce」の導入や保守などを主に扱うエンジニアのことを指します。
この記事では今後Salesforceの導入を検討している企業に向けて、Salesforceエンジニアの採用単価や派遣エンジニアのメリットなどを紹介します。

Salesforceエンジニアの採用単価

Salesforceエンジニアの主な仕事は「Salesforce」の導入・開発・保守などです。
効率的に業務が行えるように、Salesforceを適切な状態に保ちます。
そんなSalesforceの採用単価の平均は80万円/月額です。
最低単価は70万円、最高単価は105万円とほかのエンジニアに比べると高額に設定している企業が多い傾向にあります。
求められている職務内容は企業によって異なります。
Salesforceの設計のみを求めている企業もあれば、保守運用をメインに募集している企業もあります。
職務内容によっても採用単価が変化しているといえます。

派遣会社に依頼することで必要な人材を早く獲得できる

自社に必要なスキルを持った人材を早く獲得したいなら、派遣会社の利用がおすすめです。
派遣会社に依頼すれば、スキルが成熟した人材を早く雇い入れできるのが大きなメリットです。
派遣会社は、企業ごとに必要な人材の内容を丁寧にヒアリングしてくれます。
そのため「必要なスキルを満たしていなかった」「自社の社風と合わない」などありがちな企業と社員とのミスマッチが起こりにくくなるのもメリットのひとつです。
また「退職で人手が足りない」「事業拡大に伴って人手を増やしたい」など企業に必要なタイミングで人材を雇えるのも強みです。
必要な時だけ派遣エンジニアに従事してもらうことで、人件費を節約することもできます。
特に夢テクノロジーなら最適な人材を最短で当日に派遣可能です。

派遣社員雇用の流れ

まず派遣会社が企業から「どんな社員を求めているか」などの要望をヒアリングします。
そして自社の人材の中から要望にぴったりの人材を探し、最短で即日に提案します。
そこで検討していただき、双方が納得すれば配属となります。
配属後も定期的な人材ケアを行うことで、長期就業も実現しています。
夢テクノロジーは契約終了から次の就業開始まで研修を行っているため、トレンド技術を持った社員を雇えます。

いち早く雇い入れたいなら派遣会社がおすすめ

派遣会社に依頼するメリットは、なんといってもスキルが成熟した人材を早く雇い入れられる点です。
また企業にとって必要なエンジニアをピンポイントで紹介してもらえます。
さらに正社員として雇うよりも低コストな場合が多いです。
夢テクノロジーなら最短で当日に派遣可能ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

ウェビナー