MENU

エンジニアの求人広告費は1人あたり79万円。直接雇用にかかる人材コストの計算方法

採用コストとは、人材を採用するためにかかる経費のことを指します。
この経費はどのような人材を採用するかで大きく変わります。
エンジニアの求人広告費は1人あたり79万円かかるとされています。
その計算方法と理由についてご紹介します。

採用コストとは

採用コストとは、会社が社員やアルバイトなどの人材を採用するためにかかった費用のことです。
一般職、専門職など、どんな人材を採用するかによって費用は大きく変わります。
株式会社マイナビによる調査では、新卒採用のコストの平均総額は557.9万円となっています。
ただしこの金額は企業によっても異なります。
大企業の平均総額が1783.9万円ですが、中小企業の採用コストは375.1万円と大きな差があります。
採用コストには、外部コストとして「求人広告費」や「説明会やセミナーを行うための会場費」、「パンフレットなどの印刷・製本費」、「エージェントへの成功報酬」などがあります。
また内部コストとして「担当者の人件費」、「応募者の交通費」などが挙げられます。
1人あたりの採用コストの計算方法は、「採用コスト総額」÷「採用人数」です。
また総額は外部コスト+内部コストで計算します。
たとえば採用数10名、採用コストの総額が500万円の場合、500万円÷10名で1名あたり50万円の採用コストがかかったことになります。

ITエンジニアの求人広告費はトップクラス

採用コストの中でも、ITエンジニアの求人広告費は特に高くなっています。
株式会社マイナビの「中途採用状況調査」によると、「IT・通信・インターネット」の業種別の予算平均金額は全業界3位の921.1万円です。
その中の中途採用費用を見てみると、人材紹介の費用が最も高いのが「IT・通信・インターネット」となっており、594.1万円です。
また求人広告費は全体3位の341.8万円で、いずれもトップクラスの費用がかかっています。
求人広告費の増減を見てみると、「前年より大幅に増えた」が9.3%、「前年よりやや増えた」が34.7%、「前年と変わらない」が47.3%と、44%の企業が増えたと回答しています。
さらに中途採用者1人あたりの求人広告費は、79.7万円と職種別2位です。
この結果から、ITエンジニアの求人広告費などを含めた中途採用費がトップクラスであることが分かります。

ITエンジニアの人材コストは高め

株式会社マイナビの調査結果によると、ITエンジニアの中途採用費用が高めであることが分かります。
さらに約4割の企業が前年よりも求人広告費が増えたと回答しており、減ったと回答して企業は8.6%にとどまっています。
特に1人あたりの求人広告費が高いため、採用コスト全体が高くなっていると考えられます。