MENU

エンジニア経験がない採用担当者が知っておきたい事

エンジニア経験がない中で、エンジニアの採用担当を任されている方もいるのではないでしょうか。

このような場合、どのような知識を身に付けておけばよいか気になるところですね。

本記事では、非エンジニアの採用担当者が知っておきたいことについて紹介していきます。

知識よりも役割分担

役割分担
 
「エンジニアの採用をするには、自分自身も知識は必要になる」と考えている方も多いのではないでしょうか。
確かに、非エンジニアでも知っておきたいレベルの知識は絶対的に必要となるでしょう。

しかし、エンジニアと同等の知識を身に付けなければ採用活動ができないということはありません。

膨大な時間がかかるうえに、なんとか知識を詰め込めても現場のことを体系的に知ることは難しいので、エンジニアに手を借りて役割分担をしながら採用活動をしていくとよいでしょう。

例えば「採用案件」は、現場で働くエンジニアに作成してもらうなどです。エンジニア経験がないと、ターゲット像を具体的に想像するのが難しいです。
そして採用案件をもとに、採用担当者が求人媒体に求人を出します。

またスカウトは、なるべく現場のエンジニアがおこなうようにしましょう。
現場のエンジニアの方が、具体的な内容を折り込んだスカウトメールが作成できるためです。

採用オファーは、採用担当者がおこなうとよいです。

面接で一番大事な事

面接
 
面接もできれば採用担当者とエンジニアで分担しておこなうことをオススメします。

面接に同席してもよいですし、1次面接は採用担当者で2次面接はエンジニアと分けてもよいでしょう。

面接を分ける場合、1次面接では求人者の考え方が社風と合うかどうかなどのチェックをおこないます。2次面接では、エンジニアがスキルチェックをします。
エンジニアは採用のプロではないため、2次面接まで終えて最終判断は採用担当者がおこなうとよいでしょう。

採用担当者のチェックすべきことは、エンジニアの考えていることを知り、自社の社風と合うかを見極めることになります。

エンジニアに協力してもらい採用業務を進めましょう

非エンジニアの採用担当者だけでは、どうしてもスキルチェック面に不安が残ります。

エンジニアと役割分担を行い、技術や知識面のチェックはエンジニアにしてもらいましょう。

そして最終判断は、採用担当者がおこなうようにしましょう

また採用担当者は知識や技術面よりも、エンジニアの考え方の傾向やパターンをある程度知っておくと、よりミスマッチのない採用ができるようになるでしょう。