MENU

エンジニア採用の担当者が知るべきインフラの関連用語:「監視」

エンジニアの業務のなかでも、特にインフラエンジニアにとっては「監視」業務は欠かせません。
この監視業務とは、具体的にどのようなことを行うのでしょうか。
本記事ではインフラエンジニアの監視業務とは何か、どんな業務を行っているのかなどを紹介します。

インフラエンジニアの監視業務

インフラエンジニアの大切な業務のひとつが監視業務です。
監視業務とは、インフラが正常に動いているのかどうかを監視する業務のことです。
そこで万が一トラブルが発生した場合は、その内容を管理者に知らせます。
報告だけでなく、そのまま対処を行う場合もあります。

ただし、複雑な問題が発生している場合は、運用エンジニアや保守エンジニアと連携する必要があります。
サーバーを監視している場合、以下のような監視を行います。

ハードウェア監視

CPUやメモリなどが故障していないか、機器が異常な高温を示していないかなど物理的なトラブルが起きていないかを確認します。

負荷状態監視

CPUやメモリの使用量が限界値を超えていないかなど、負荷状態の監視を行います。
使用量やパターン、頻度などの測定を行います。
また、現在の状態だけでなく、設計時の想定と比べることも多く大切な業務です。

死活監視

サーバーが安定して動作しているのかを確認します。
定期的にコマンドなどを送り、正常な応答があるかどうかを試す方法が一般的です。

監視業務とは

監視の種類

監視業務はインフラエンジニアやネットワークエンジニアが行う業務のひとつです。
監視だけを行うこともあれば、運用や対処までセットで行われることもあります。

基本的に監視業務は夜勤や交代制で行われます。
社員がいない時間帯でも、インフラエンジニアは、機器が正常に動作しているかなどの確認を行います。
そのため以下のようなスキルが求められることが多いです。

コマンドの基礎知識

Windows やUNIX系などのコマンドに関する基礎的な知識の習得が必要とされます。

トラブルシューティングに関する知識

監視や報告だけでなく、その場でトラブルの対処を行わなくてはいけない場合には、トラブルシューティングに関する知識も必要です。
これは、報告だけにとどめる場合でも、トラブル発生の察知や報告などに求められる知識です。

スキルも確認しよう

監視業務はただ見ているだけではありません。
機器が正常に動いているかを確認するために、正常に応答するかなどの確認を日々行っています。
そのため監視ツールなどを使いこなすスキルも必要です。
監視業務を行えるエンジニアを探しているなら、スキルの確認も行う必要があるでしょう。