MENU

エンジニア採用の担当者が知るべきインフラの関連用語:「オンプレミス」

クラウドと一緒に覚えておきたい単語が「オンプレミス」です。オンプレミスは、自社の中にサーバーを構築し運用することを指します。
この運用方法にはどんなメリットがあるのでしょうか。本記事ではオンプレミスとは何か、クラウドとはどう違うのかを説明します。

オンプレミスとは

オンプレミスとは、サーバーやソフトウェアなどの設備を自社内に設置し、運用することです。自社運用とも呼ばれています。
自社内で構築するために、柔軟にカスタマイズしやすいのが特徴です。
また自社システムと連携しやすいのも魅力です。

さらに自社のネットワーク内で利用するため、第三者が介在しにくく安全性も高いというメリットがあります。
ただし自社内で1から構築・運用を行うため、サーバーの調達に時間がかかります。初期導入コストや、管理・維持コストも比較的高めです。
トラブルが起きたい際にはすべて自社で対応しなければならないデメリットもあります。

オンプレミスとクラウドの違い

クラウドのシステム

オンプレミスが自社内にサーバーやソフトウェアを設置するのに対し、クラウドは自社にサーバーやシステムを置きません。
すべてネットワーク経由でサービスを使い、利用者は使った分だけ料金を払うことでコストを抑えられます。
またサーバーなどの機器を揃える必要もないため、初期費用や管理・維持コストなどを大幅に抑えられます。

これらクラウドの利点を鑑みて、オンプレミスからクラウドへ移行する傾向が強くなりました。
ただしクラウドにもデメリットはあります。
たとえば、利用する規模が大きくなるにつれてコストが増加します。
そのため大規模なサーバーやソフトウェアを構築・運用する必要がある大企業などは、オンプレミスの方が結果的に安くなる可能性があります。

またクラウドは、カスタマイズ性ではオンプレミスに劣ります。
オンプレミスはすべて自社環境のため、カスタマイズが自由に行えますが、クラウドはあくまで提供されたサービスを利用するにとどまります。
そのため自由度で比べるとクラウドはオンプレミスに劣るといえるでしょう。

そういったことから近年では、クラウドとオンプレミスそれぞれのメリットを取り入れた「ハイブリッドクラウド」も注目されています。

メリット・デメリットを理解しよう

クラウドとオンプレミスは、どちらもメリット・デメリットがあります。どちらを導入するかは、企業ごとのサービスの特性や要件、費用対効果によって変わってきます。
インフラエンジニアの採用担当者は、自社のサービスがどちらに適合しているのか把握して、エンジニアの採用計画を策定する必要があるといえるでしょう。