MENU

エンジニア採用の担当者が知るべき「サーバーサイド」とは

どんなスキルを持ったエンジニアを採用しようか考えている際、「フロントエンド」や「サーバーサイド」という言葉を見つけた方も多いのではないでしょうか。
しかしこの2つの違いが厳密に分からない採用担当者も少なくないと思います。
そこで本記事では、「サーバーサイド」という言葉を中心に紹介します。

インフラにおけるサーバーサイド

サーバーサイドとは、サーバー側でデータを管理したり、プログラムを実行したりすることを指します。
フロントエンドはユーザーが見ている画面のことを指し、サーバーサイドはサーバー上で実行や管理をするという違いがあります。
つまり、ユーザーから見えないサーバーでプログラムを管理する側がサーバーサイドなのです。

サーバーサイドは、クライアントの環境に依存しにくいため、開発や管理が簡単というメリットがあります。
サーバーサイドの代表的な技術には、JavaやPHP、ASP.NETなどがあります。

たとえば、PHPで書かれたWebアプリケーションは、Webサーバー側で実行されます。
そしてクライアント側のWebブラウザには、HTMLとして表示されます。
そのためPHPのための環境を整えなくても良いのが特徴です。

サーバーサイドエンジニア

サーバー機器

サーバーサイドエンジニアは、その名の通りサーバーサイドを管理するエンジニアのことです。
サーバーが実行・処理するのに必要なプログラム開発をメインに行います。
また、Web上でユーザーが操作した内容に応じた保守も行っています。

さらに、データベースにあるファイルへのアクセスやユーザー情報の管理など、ユーザー側には見えない作業を行っています。
経験を積んだサーバーサイドエンジニアは、開発だけでなくシステムの要件定義などの上流工程の作業も行います。

サービス全体に関わる作業を行っているため、フロントエンジニアや顧客、営業など幅広い人の意見を取り入れることが一般的とされています。
そのためひとりでプログラムをコツコツ書くのではなく、コミュニケーションを取りながら行うことが多いです。

サーバーサイドエンジニアの需要

サーバーサイドエンジニアの持つスキルは多くの企業が求めていることもあり、多くの企業が募集しています。
主にWebサーバー、データベースサーバー、検索サーバーの開発などを行います。
スキルや経験によっては、開発だけでなく要件定義や設計などに携わることもあります。

業務の幅が広い

サーバーサイドの業務は幅広いため、それに伴いサーバーサイドエンジニアの需要も増えています。
ただしサーバーサイドエンジニアの数自体は多いため、採用の際には自社が求めるスキルを持っているかの確認が大事です。