MENU

エンジニア採用の担当者が知るべきサーバーサイドの関連用語:「DevOps(デブオプス)」

開発手法の話をする際に「DevOps(デブオプス)」という単語を耳にする採用担当者も多いのではないでしょうか。
DevOpsはサーバーサイドに関連する用語ですが、厳密な定義がないために漠然としたイメージしか持っていない人も少なくありません。
本記事では、DevOpsとはなにか、DevOpsの利点としてどのようなものがあるのかなどを紹介します。

DevOpsとは

DevOps(デブオプス)は開発チームの「Development」と運用チーム「Operations」の2つの単語を合わせたてつくった言葉を略したものです。
つまり開発チームと運用チームが協力し合うことによって、よりビジネスの価値を高めようとする「概念」のことを指します。
概念であり、比較的新しい造語であるため、明確な定義が存在しているとはいえません。

DevOpsの目的

開発チームと運用チームでは役割が大きく異なります。
そのため時には2つのチームが対立してしまうこともあるでしょう。
しかし製品とビジネスの価値をより高めるためには、2つのチームの協力体制が欠かせません。

そこで近年では、DevOpsの考え方に基づいて、2つのチームの問題を解決しようという動きが出てきました。
その結果、単に概念としてのDevOpsだけでなく、より効率化できるツールも誕生しています。

DevOpsの利点

メリット
2つのチームが協力し合うことによって、さまざまな利点が生まれます。

スピード

協力し合い、迅速に動くことによって、よりサービスの革新を進められます。
進化し続ける市場に適合できるようになることで、効果を得られやすいでしょう。
また、リリースの頻度とペースが増えることで、製品の改善をより速く行えます。
より迅速に顧客のニーズに応えられることで、顧客満足度の向上も期待できます。

信頼性アップ

アプリケーションの更新やインストラクチャの変更など、品質を保証しながらもより迅速なペースでの配信が可能です。
機能的で安全なサービスを提供できることにより、顧客からの信頼性アップにもつながります。

共同作業の向上

2つのチームが共同で作業することで業務を効率化でき、時間を節約できます。
その結果、開発と運用の間でサービス引き渡しにかかる時間を短縮することが可能です。

拡張性

サービスの規模に応じた開発と運用・管理が行えるようになります。

開発や運用をより効率的に行えるようになる

DevOpsをうまく実現することで、開発も運用もより効率的に行えるようになります。
その結果、顧客により良いサービスを提供でき、顧客満足度の向上も期待できます。

導入の際には、ただ取り入れるだけでなく「なぜDevOpsが必要なのか」ということを理解しておくことが大切です。
自社の状況も把握したうえで、DevOpsに知見のあるエンジニアを採用できるようにすると良いでしょう。