MENU

「Java」と「JavaScript」の違いについて

プログラムに詳しくない採用担当の方にとって「Java」とは「JavaScript」の略称だと思われているのではないでしょうか。しかし、実際にはまったく異なるプログラム言語であり、当然ながらJavaはJavaScriptの略称でもありません。ここでは、それぞれどういった用途があり、それぞれの言語に向いているのはどういった人なのかについて説明します。

JavaとJavaScriptの用途の違い

JavaとJavaScriptは異なるプログラム言語であるため、それぞれの用途も別々のものです。JavaはSun Microsystems社(現在はOracle社)が開発した言語です。ほかのプログラム言語と違い、一度つくってしまえば、WindowsでもMacでもLiunxでも動かすことができるのが最大の特徴です。

もともとは、家電製品での使用を目的にしたものですが、現在では主にAndroidのスマホアプリを制作するのに用いられています。また、TwitterやEVERNOTEといったWebサービスもJavaを使ってつくられています。

次にJavaScriptですが、これはNetscape Communications社が開発したWebプログラミング言語です。企業公式サイトのトップページで良く見られる画像のスライドショーや、ブラウザ上で動くゲームなど、動的なコンテンツをつくるためのものです。HTMLと同様、テキストエディタさえあれば、開発が可能で、素早く簡単につくれることが大きな特徴です。

また、定期的にWebサイトの背景色や文字色を変えたり、ページの特定の場所に時間を表示させたりなど、デザイン的な要素の制作に向いているため、Web制作エンジニアだけではなく、Webデザイナーもよく利用するプログラム言語です。

JavaとJavaScriptに向いている人の見分け方

エンジニア社員

どちらもプログラム言語ということで、エンジニアが使うものですが、用途は大きく異なるため、それぞれの用途により、向き不向きがあります。例えば、javaはサーバー側で動くものであることがほとんどであることから、より理数系が強い人に向いているといえるでしょう。一般的なエンジニアと同じ傾向があると思って間違いありません。

これに対し、JavaScriptはクライアント側で動き、ユーザーが直接目にする部分をつくるプログラム言語のため、理数系に強いことももちろん必要ですが、それに加え、デザインに対する理解も必須といえます。そのため、どちらかといえばWebデザイナーに近い性質を持った人が向いているといえるでしょう。

それぞれの違いを理解し、間違いのない採用活動を

もともと、JavaScriptは開発当初はLiveScriptという名前でしたが、Javaが世界中で人気のあるプログラム言語であったことから、その人気に便乗する形でJavaScriptと名称変更したものです。そのため、まったく用途が異なっているにも関わらず、混同されてしまうことがあります。採用担当者はそれぞれの違いを理解し、採用時には勘違いをしないよう十分に注意してください。