MENU

組み込み系、Androidアプリ構築で需要が高まる言語「C#」とは

「C#」は2000年に発表された比較的新しい言語です。
その名前からC言語と関わりがあると思われがちですが、実際は少し違うものです。
本記事では、Androidアプリの構築において近年需要が高まっている言語C#の概要について解説します。

C#とは

C#(シーシャープ)はマイクロソフト社が発表したプログラミング言語です。
マイクロソフトの公式サイトやSkypeの公式サイトなどもC#で作られています。
いわゆるC言語とは少し違った言語となります。

C#はC++とJavaを元に作られました。
C#にはC++とJavaの、それぞれ便利な部分が取り入れられているのが特徴です。
ただしC言語やC++と互換性はないので注意が必要です。

C言語やC++は、実行ファイルを直接生成しますが、C#は.NET Frameworkで動かします。
そのためどんなデバイスや環境でも.NET Frameworkさえあれば動くので、ハードやプログラム、OSのバージョンごとに書き直す必要がないことが特徴です。
この仕組みによってWindowsアプリなどの高レベル層での開発も得意とされています。
ただしアプリの開発を得意としている一方で、低スペックマシンにとっては大きな負担となります。

また、定期的に.NET Frameworkのバージョンアップが行われているため、古い機能が使えなくなる可能性もあります。
C#は特にゲーム開発エンジンである「Unity」を使用した開発の場で使われています。
文法を効率よく書けたり、豊富なライブラリが揃っていたりするため、短いコードで設計できます。

C#だけでも、Windows、Mac、Android、iOSのアプリは開発できるので、他の言語を知らなくてもアプリ開発が可能です。
ゲームを中心としたさまざまなアプリや業務システムなどに使われており、今後も需要が高まってくる言語のひとつです。

AndroidアプリとC#の関連性

アプリ

C#は当初、デスクトップ用アプリの開発に用いられていました。
しかし2005年頃から、マイクロソフトも組み込み系システム向けの製品開発にも力を入れています。
そのため.NET Frameworkを用いた開発も可能となっています。

またXamarin(ザマリン)とC#を使った開発も多く行われています。
Xamarinは「C#を用いてAndroidアプリが作れる」というサービスです。
「Xamarin.Android」を用いることで、C#でAndroidアプリを書くことが可能となります。

さらに、XamarinにはAndroidとiOSのアプリが共通で作れる「Xamarin.Forms」が公開されています。
画面をXAMLで作り、内部ロジックをMVVM パターンで作ることで、AndroidとiOSどちらでも動作するアプリの制作が可能です。

今後も需要が高まる言語

C#は現在8.0のバージョンまで公開されています。
Androidアプリ開発においてよく使用されている言語であることから、今後も需要が高まることが予想されます。
スマートフォン用アプリを開発している会社の採用担当の方は、採用の際エンジニアに、C#関連の使えるツールについて確認をおこなうと良いでしょう。