MENU

失敗事例から学べるエンジニアのリファラル採用

リファラル採用は様々な業界で注目され、エンジニア業界でも積極的に導入されています。しかしながら、リファラル採用が成功しなかった事例もあります。本記事では、リファラル採用の失敗事例を取り上げます。リファラル採用を成功させるために、失敗事例から学んでいきましょう。

リファラル採用の失敗事例

リファラル採用の失敗事例にはどのようなものがあるのか、以下を参考にしてください。対処方法も解説しています。

人材の紹介が発生しない

リファラル採用は自社の社員から人材を紹介してもらう仕組みです。そのため、紹介がないことにはエンジニアを採用できません。プロジェクトチームを作っているならば、社員への告知方法の改善や進捗状況の確認などが必要です。

人材の紹介をする社員が限定されている

限られた社員しか紹介を行なっていないケースもあります。リファラル(紹介)は、さまざまなポジションの社員から紹介があることで効果を高めます。一部の社員からの紹介だけでは、偏った人材からの募集になりがちです。

制度を活用する社員が少ないことが原因と考えられますので、全体告知に力を入れる必要があるでしょう。

不採用時のトラブル

トラブル
社員から紹介された人材が必ず採用されるとは限りません。不採用になったときに、紹介した社員と不採用になった人の関係性が崩れる可能性があります。リファラル採用は知人を紹介する場合もあり、不採用時のトラブルも想定されます。

不採用を出したときは、紹介した社員と応募者へのフォローが大事です。検討課題といえます。

報酬目当てのリファラル

リファラル採用では、紹介した社員にインセンティブを設定することがあります。なかには、ただただインセンティブ目的で能力や知識の乏しい人物を紹介してくる社員もいます。インセンティブを目的とした社員の場合、本来の目的とズレてしまい、自社の採用ニーズを満たさないことがあります。

「試用期間を終えたら支給」など、インセンティブの支給条件を設定してみるのもいいでしょう。

入社後の連鎖的な退職

前述の通り、リファラル採用はもともと知人同士だった人物が紹介や応募を行う場合があります。関係が深い間柄であると、一方が会社に不満を持つと他方に連鎖しやすいです。そのため、退職を考えると2人そろって辞めてしまう可能性があります。

会社としては一気に2人の人材を失うわけですから、大きなダメージになるでしょう。日頃から紹介者と応募者の様子には注意をはらい、フォローしていくことが大事です。

リファラル採用の失敗事例から学ぼう

リファラル採用は、採用コストの削減や自社ニーズとマッチした人材を採用しやすいです。しかし、失敗するケースもあります。本記事で取り上げた失敗事例を事前に把握して、リファラル採用を導入してください。

ウェビナー