MENU

応募者の目に留まる!企業の紹介文の書き方

人材不足といわれているIT業界では、優秀な人材を得ることが難しくなっています。
そこで優秀な人材を獲得するために大切なもののひとつが、企業の紹介文です。
本記事では転職サイトや就職サイトの紹介文の書き方やコツについて紹介します。

企業の紹介文で重要なこと

重要なこと

企業のホームページやパンフレット、転職サイトなどでかかせないのが企業の紹介文です。
事業内容を紹介する部分ですが、ここを見て応募する人も多くいます。
企業の紹介文で重要なポイントを紹介します。

内容を整理する

紹介したい事業を選び、その内容を整理します。

  • どんな事業なのか
  • 顧客に何を提供しており、どんなメリットがあるのか
  • 競合他社とどこが違うのか

などの答えを記載しましょう。

誰に向けて伝えるのかを明確にする

事業案内は基本的に会社を知らない人に向けて書く文章です。
そのため「誰に向けて伝えたいのか」を明確にした方が伝わりやすくなるでしょう。
たとえば、「大学生に分かるようにする」「異業種の既に社会人の人に向けて書く」などです。
また転職サイトなど中途採用者を得たい場合は、あえて専門性の高い紹介文にするのもアリです。
「エンジニアの専門用語が分かる人に向ける」「熱い思いを伝える」など、紹介文の時点である程度ふるいにかける手段もあります。

企業紹介文のコツ

企業紹介文

目に留まるような企業紹介文を書くにはいくつかのコツがあります。
ここでは2つのコツを紹介します。

読後感を考える

事業案内を読んだ人にどう感じてほしいのかを考えましょう。

  • 企業としての安定性を感じてほしい
  • アイデアをパワーのある企業だと知ってほしい
  • 自社の技術力の高さを見てほしい

などが挙げられます。
アピールするポイントは企業によって違うので、自社が何をアピールしたいのか、何を一番感じてほしいのかを考えましょう。
ただし欲張ってたくさんのアピールポイントを入れすぎると、何を伝えたいのかがぶれてしまいます。
他社と違う優位な点を選ぶのがおすすめです。

読みやすさを意識する

読みやすい文章にすることを意識しましょう。
特に「・」「/」『』などの記号を効果的に使えば、読みやすい文章になります。
ただし使いすぎても分かりにくくなりますので、担当者の間でルールを作っておきましょう。

自社のアピールポイントを考えよう

企業紹介文は自社に興味を持ってもらう最初の機会ともいえます。
ここで自社が何をしているのか、同業他社と何が違うのかを伝えなくてはいけません。
まずは自社の優位な点をピックアップし、誰に何を使えたいのかを考えましょう。
そして読みやすい文章を心掛けることが大切です。