MENU

【採用担当必見!】エンジニアの金の卵が戦う「ロボコン」とは:NHK学生ロボコン編

近年、エンジニア採用担当者がNHK学生ロボコン、通称学生ロボコン出場経験者に熱い視線を注いでいることをご存知ですか。
学生ロボコン経験者は、エンジニアとして即戦力へと成長しやすい傾向があるとされています。
そのため、エンジニアの金の卵として各企業が注目しているのです。

NHK学生ロボコンの特徴

握手
学生ロボコンの概要は以下の通りです。

学生ロボコンとは

NHKが主催する学生ロボコンは、大学や高等専門学校、大学校に在籍する学生が出場できるロボットコンテストです。
優勝したチームは、日本代表として「ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト」という世界大会への出場権を獲得できるとあり、注目度の高い大会となっています。

学生ロボコンの特徴

学生ロボコンは、大型タイプの手動ロボットが競技に取り組み、競い合うコンテストです。
書類選考、第一次ビデオ選考、第二次ビデオ選考を経て、全国大会へと進みます。
ロボットコンテストでは、小型ロボットが競技を行うスタイルが一般的ですが、学生ロボコンの場合人間が操縦する大型ロボット同士の競技となることが多く、この点において通常のロボコンと大きく異なります。
人が操縦するため、性能だけでなく作戦や、操縦者の機転も勝敗を分けるポイントとなる大会です。

過去のお題について

これまで学生ロボコンでお題となったものには、以下のようなものがありました。
学生たちはテーマに即したロボットを企画、設計してレポートにまとめ、書類選考通過後はロボットを作成、予選、全国大会へと挑みます。

過去のNHK学生ロボコンのお題

〇グレート・ウルトゥー
中継地で馬を乗り換え、迅速な情報伝達を実現したモンゴル文化のひとつ「ウルトゥー」に、ロボットが挑戦しました。

〇ネムコン “シャトルコック・スローイング”
ベトナム北部にある伝統行事「ネムコン」からコンセプトを得たテーマで、高さ15メートルあるリングを目掛け、シャトルコックを投げる競技です。

〇The Landing Disc
日本の伝統遊戯である投扇興をモチーフとした協議で、フィールド上のスポットからボールを落とし、その上にディスクを投げて得点する競技です。

「ロボコン経験者」は即戦力につながりやすい!

ロボコン経験者のなかには、ロボコンを勝ち抜くために集団で行動する力や設計力、それを具現化する技術力を身につけている学生が多くいます。
悪戦苦闘しながらも粘り強く自分たちが理想とするロボットを作りあげた経験は、エンジニアとして強固な基盤になるといえるでしょう。
就職後身につけるべき技術やスキル、考え方を修得している学生ロボコン経験者は、企業にとって魅力的な人材なのです。

※出典:【NHKエンタープライズ】
http://www.official-robocon.com/kosen/