MENU

【研究開発】業務領域別。エンジニアの種類と向いている人材の見抜き方

エンジニアには、設計・構築を担当する職種があります。また、設計・構築のエンジニアは、「ネットワークエンジニア」と「サーバーエンジニア」の2つがあります。本記事では、設計・構築のエンジニアについて解説し、それに向いている人材も紹介します。

設計・構築のエンジニアとは

まずは、設計・構築のエンジニアについて解説します。

設計・構築のエンジニアは2種類

設計と構築を手がけるエンジニアには、「ネットワークエンジニア」と「サーバーエンジニア」の2種類があります。

ネットワークエンジニアは、クライアントが希望するコンピューターネットワークを構築します。構築は設計に基づいて行う流れです。

サーバーエンジニアは、クライアントが希望するサーバーの構築を行います。設計図をもとにサーバーを構築して、ネットワークの通信回線の見直しや配線作業なども担当します。

設計・構築の仕事内容

ここからは、設計と構築の仕事内容を説明します。

ネットワーク設計…目的に応じてどのようなネットワークを構築するか設計
ネットワーク構築…設計をもとに構築(ネットワーク機器の設置や配線など)
サーバー構築…目的に応じてサーバー構成の設計後に配線やラッキング

以上がネットワークエンジニアとサーバーエンジニアにおける、設計・構築の仕事内容です。ただし、それぞれのエンジニアは設計や構築だけではなく、運用や保守も大事な仕事になります。

設計・構築のエンジニアに向いている人材とは

エンジニア

設計や構築のエンジニアに向く人材は、次のような知識や能力を持つ人です。

ネットワークエンジニアに向く人材

ネットワークの設計と構築には以下の知識やスキルが必要です。

・ネットワーク設計…CCNP、サーバーやアプリケーション、ヒアリング能力など
・ネットワーク構築…ネットワーク機器の設置方法、CCNA、CCNPなど

CCNPは世界でも最大規模のネットワーク関連機器メーカー「シスコシステムズ」が実施する、シスコ技術者認定のプロフェッショナルレベルです。(5つのグレードのうち中間レベル)また、CCNAはCCNPよりも1グレード低いレベルの認定試験となります。

それらの認定試験をパスして、実機の設定もできる人材がネットワークの設定・構築には必要です。設計では、クライアントの要望をうまく引き出すヒアリング能力があるといいでしょう。

サーバーエンジニアに向く人材

サーバーエンジニアには「OS」に関する知識が必要です。具体的には、「Windows」や「OS X」、「UNIX」、「Linux」があります。いずれのOSにも精通していることが望ましいです。さらに、OSに対応したサーバーソフトの知識も必要です。実務に役立つ資格では、前述したCCPAなども有効になります。

サーバー攻撃が多様化していますので、セキュリティの知識を持つエンジニアも見極めたいです。仮に攻撃を受けても、被害を最小限に抑えて迅速な復旧ができる人材は心強いです。

設計・構築のエンジニアを理解する

設計・構築を行うのは、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアです。それぞれに必要な知識や技術があります。認定試験や資格試験で、能力を見極めることも可能です。本記事を参考に、設計・構築のエンジニアの人材を見極めましょう。