MENU

派遣のエンジニアのコストに直結。プロジェクトの「収支管理」とは

プロジェクトを組むにあたって検討するべきことは数多くありますが、その中でも重要なものの1つが「収支管理」です。
収支管理がおろそかになると、赤字プロジェクトになる可能性も否めません。
ここではプロジェクトにおける収支管理についてまとめました。

プロジェクトにおける収支管理とは

プロジェクト収支管理とは、プロジェクトの原価や経費、売上などを管理することをいいます。
どのプロジェクトにも利益目標がありますが、収支管理ができていないと目標とした利益を達成することができません。むしろ、コストが売上を上回って赤字となってしまう可能性もあります。

そして、収支管理活動は大きく「計画」、「維持」、「改善」の3つに分けられます。
まず、収支管理を徹底するためには事前に計画を練ることがとても重要です。プロジェクトの予算をどのように活用するかを決め、できるだけ計画通りにプロジェクトを進めていくのが理想だといえるでしょう。

とはいえ、計画通りにプロジェクトを進めるのは容易ではありません。途中でトラブルが発生するケースもあるはずです。
そこで必要なのが、プロジェクト収支の維持。何らかの対策を講じることで、計画からのずれを修正していきましょう。

最後に、改善です。プロジェクト収支を維持するだけではなく改善できれば、プロジェクトとしての利益率はさらに上がってきます。
プロジェクト収支改善を徹底することは、企業全体としての成長にもつながるといえるのではないでしょうか。

収支管理の人件費は極めて重要

収支管理

収支管理において大切なのは、コストのコントロールです。そして、コストの中でもとくに大きな割合を占めるのが人件費。
IT関連企業の主なプロジェクトとしてはソフトウェア開発やシステム構築などが挙げられますが、これらのプロジェクトの遂行にあたってかなりの人件費が必要になることは想像に難くないのではないでしょうか。

とはいえ、プロジェクトチームのメンバーを減らすだけでは解決になりません。コストを抑えつつ必要な人材をチームに加えることが、収支管理成功のカギだといえるでしょう。

派遣は人件費削減の有効な方法の1つ

雇用形態には、正社員、契約社員、パート、アルバイト、そして派遣社員など、色々な形があります。それぞれにメリットとデメリットがあるためどの形態がベストだとは一概には言えませんが、人件費削減を目指すのであれば派遣社員を雇うのは有効な方法だといえるでしょう。コスト削減の方法に悩んでいるのであれば、ぜひ派遣の利用を検討してみてはいかがでしょうか。