MENU

戦略的人事を実施すべき3つの理由

戦略的人事は従来の守りの人事から脱却し、経営者と共に経営に深く関わり、経営戦略と融合した人事を実行します。
経済や社会が急速に変化する中、旧来型人事ではスピードに追いつくことができず、企業の成長力が失われてしまいます。
日本企業は戦略的人事への移行が遅れていますが、攻めの人事への転換が求められています。

会社の成長を促進させる!戦略的人事を実施すべき理由

戦略

高度経済成長時代の日本企業は、終身雇用、年功序列、企業別組合といった要素により、飛躍的発展を遂げました。
しかし、20世紀末から低成長時代に突入し、従来の労働慣行が低成長の原因ではないかと指摘される機会が多くなりました。

21世紀に入り、製造業からIT産業へのシフトが起こる中、戦略的人事に注目が集まるようになっています。
戦略的人事を行うべき理由としては、事業内容に適した人事を行えることやビジネスのスピードが上がったこと、グローバル化の進展といったものが挙げられます。
以下、具体的に説明していきます。

事業内容に適した人事を実現できる

人事部の仕事は、その企業が置かれているステージや事業内容によって異なります。
例えば、IT企業と流通業で同じ人材マネジメントを行うことは不適切です。

また、事業内容の変化に伴って、人事も常に変化していく必要があります。
しかし、旧来型の人事ではタイムラグが生じ、事業内容の変化に応じた適切な人材配置を迅速に行うことが困難です。
戦略的人事を導入すれば、経営戦略と人事戦略とが連携しているため、スムーズに事業内容の変化に応じて人材の再配置が可能となります。

ビジネスのスピードが上がった

21世紀に入り、IT産業が目覚ましく成長を遂げ、GAFAに代表されるような巨大新興企業が次々に誕生しました。
IT企業の経営はスピード感が求められるため、旧来の守りの人事では経営戦略と人材配置との間にタイムラグが生じてしまい、ビジネスチャンスを失う可能性があります。

20世紀の日本企業であれば、経営戦略を練ってから人材の配置までに充分な時間的猶予があったため、あまり問題にならなかったかもしれません。
しかし、21世紀のビジネス環境ではスピードが重要です。経営戦略と連携した戦略的人事を導入すれば、経営戦略と人材マネジメントが融合しているため、タイムラグを生じさせずに人材を配置することが可能になります。

グローバル化の進展

21世紀に入り、企業は国境を越えて様々な国・地域で活動するようになりました。
また、M&Aによって、日本国内を基盤としながら、海外で事業展開する企業も増えています。
終身雇用という労働慣行が長く続いてきた日本と異なり、海外では人材の流動性が高く、旧来の日本の人事では対応しきれません。

特にアメリカを拠点とするグローバル企業で勤務経験がある労働者は戦略的人事に適応しているため、日本企業も変化する必要に迫られています。
グローバル展開する日本企業の中には、国や会社ごとに異なる部分を残しつつ、共通化できる部分は共通化するという方法で、上手く戦略的人事を実現し、競争力を高めている例もあります。
高度な技能を有するグローバル人材の確保という点からも、戦略的経営の導入が必要です。

21世紀の日本企業が成長するためには戦略的人事の導入が必要

日本企業は終身雇用や年功序列、企業別組合といった日本型労働慣行によって高度経済背長を実現しました。
しかし、21世紀のビジネス環境には適しておらず、人事の変革が必要とされています。
旧来型人事から戦略的人事へ転換すれば、経営戦略と人事戦略が結合しているため、タイムラグを生じさせることなく、事業内容の変化に応じて人材の再配置が可能です。
また、グローバル化の進展により、世界から優秀な人材を獲得するためにも戦略的人事の導入が求められています。

ウェビナー