MENU

エンジニアが魅力的だと感じる企業説明の仕方とは?

人材を採用する上で大切なのが企業説明会です。
多くの採用希望者が集う企業説明会で魅力的な紹介ができれば、人材も集まりやすくなります。
本記事では魅力的な企業説明を行うための事前準備やポイントについて紹介します。

魅力的な企業説明会をするための事前準備

企業説明会は、採用希望者と企業が初めて接触する機会です。
多くの採用希望者は、企業説明会の内容を聞いて「この会社で働きたいかどうか」を決定します。
そのため企業は「この会社でぜひ働きたい」と思ってもらえるような魅力的な説明をする必要があります。

事前準備に必要なもの

まずは会社説明会で話す目的を明確にしましょう。
具体的には、「ターゲット」「何を伝えたいのか」「説明を聞いた人にどう行動してほしいか」を考えます。
次に伝える内容を考えるのですが、このときただ会社の説明や、会社が伝えたいことだけを盛り込むのはやめましょう。
そういった内容は聞くのに飽きてしまいがちですし、印象にあまり残りません。
ターゲットとなる人物が聞きたいと思うような内容を考えることが重要です。

説明資料の作成

パワーポイント等を使って説明資料を作成します。
スクリーンに投影することも多いので、会場の後方からでも見えづらくないか事前に確認しておきましょう。
またマイクのボリューム等の確認もしておきます。

企業説明会のポイントと注意点


現場社員が直接企業について語ることは少ないため、企業説明会は貴重な機会です。
そのため単なる企業の説明会にならないように注意しましょう。
そうならないためにも、現場社員の具体的な仕事体験を聞かせるのがおすすめです。
まず一番伝えたい仕事の場面を思い浮かべ、なぜそこが大事だったのかを具体的に話をします。
仕事の目的や責任、仕事環境の良さなど、社員が伝えたい会社の強みなどを語るのがおすすめです。
資料やホームページから得られる抽象的な情報ではなく、実際に働いている人の体験は採用希望者にとってなにより参考になります。
説明を行う社員はぜひ実体験を語れるように準備しておきましょう。
またタイムテーブルがあるため、事前にリハーサルを行うのもおすすめです。
さらに来場者をみかけたら挨拶をするなど、事前のイメージ戦略も大切なポイントです。

きめ細やかな準備を行おう

企業説明会は、ただ企業についての説明をする場所ではありません。
自分が働く会社がいかに魅力的で、どんな点が強みなのかをしっかり伝えるには、やはり実際に働く社員の声が有効です。
事前に原稿や資料をしっかりと用意し、自社の魅力について語れるようにしておきましょう。
その際には実体験を盛り込むとより効果的です。