MENU

システムエンジニアは理系のみ?採用担当者様が知ってて欲しいSEの基本

今までエンジニア関係の仕事をしていなかった人でも、スキルを身につければエンジニアになれる可能性はあります。
採用担当者自体が非エンジニアのこともありますので、基本的な知識は身につけておきましょう。
ここでは採用担当者が知っておきたいシステムエンジニアの基本について説明します。

文系でSEになれるのか

結論からいえば、文系の人でもシステムエンジニア(以下SE)になることは可能です。
SEはエンジニア職の中でも文系におすすめといわれています。その理由は主に以下の2つです。

  • 必要な情報を簡潔に伝える文章作成能力が必要
  • 他人が作成した資料を的確に読み取る読解力が必要

企業によっても異なりますが、SEの主な仕事は顧客のニーズを正しく理解し、どんなシステムを作るのかプログラマーに正しく伝えることです。
そのため資料作成や読解力などのスキルが必要となってきます。

さらに、コミュニケーション能力やマネジメント能力も必要とされます。
このことから文系でもSEになれるチャンスは十分にあることが分かります。

SEとプログラマーの違い

企業によってはSEとプログラマーの業務を兼ねることもありますが、基本的には違う仕事です。
プログラマーはその名の通りプログラミングやテストを行います。
一方でSEは仕様書作成や設計などの上流工程などを担当します。

システム開発には設計図や仕様書が欠かせません。
SEの仕事はこの設計図や仕様書の作成が必須ですが、理系はこれが苦手な人も多いとされています。
ただ専門用語やプログラムのロジックをそのまま書いただけでは、分かりにくい文章になってしまいます。

しかし、文章作成能力が高い人は分かりやすい文章で作成できるため、どんな仕事をするのか明確に理解できます。
専門知識がないクライアントに向けて作成する場合であっても、文系の方が分かりやすい文章を書けることが多いとされています。

また、SEになる人はプログラマーを経験した人が行うことが多いです。
その理由のひとつが、SEもある程度プログラムに関する知識と技術が必要だからです。
ある程度プログラミンに関する知識がないと、設計図や仕様書を作成できません。

しかし、そこまで高度な知識は必要とされないことも多いです。
高度なスキルや知識があることに越したことはありませんが、一通り実践的なスキルがあれば多くの人がSEになれます。

文系でも問題なくSEになれる

SEは単にプログラミングに関する知識や技術があるだけではなく、文章作成能力やコミュニケーション能力などが求められます。
文系のスキルを必要とすることも多いので、文系でもある程度プログラミンに関する知識や技術があれば問題ないといえるでしょう。