MENU

AWSエンジニアを採用する前に覚えたいAWSの機能:AWS License Managerとは

AWS(Amazon Web Service)にはAWS License Managerというサービスがあります。
これを利用することでコンプライアンス違反などを防げるのですが、はたしてどういったサービスなのでしょうか?
エンジニアを迎え入れる企業にとって役立つサービスなので、採用担当の方は本記事を読み、概要程度は押さえておきましょう。

AWS License Managerとは

AWS

AWS License Managerを一言で表せば「ソフトウェアライセンスを管理するサービス」です。
ライセンスを一元的に管理することで、ライセンス期限の切れたソフトウェアを使っていないかなどを発見したり、ライセンス申請を怠っていないかをチェックしたりして、コンプライアンス違反を未然に防ぐために役に立ちます。

AWS License Managerでできること

AWS License Managerを使えば、企業のライセンス管理者はソフトウェアライセンスに関するルールを作成し、社内のライセンスを管理することができます。
もしルールから逸脱したライセンスがあれば、AWS License Managerから通知が飛ぶため、管理者は迅速に問題を察知することができ、適切な対応をすることができます。
ライセンスの超過、申告ミス、契約違反などを防ぐことが、従来よりも少ないコストで確実性を持って実現できるのです。

AWS License Managerの料金

AWS License Manager自体の利用に料金はかかりません。

エンジニアがAWS License Managerを使用するメリット

メリット

AWS License Managerは基本的にライセンス管理者が使うことが多いと思われるサービスです。
エンジニアが管理者だと仮定した場合、AWS License Managerを使うことで以下のメリットを得られます。

ライセンスの使用状況を管理者側で簡単にコントロールできる

管理者はルールを作成して各アカウントに適用し、ライセンスの使用状況を管理できます。
ライセンスの使用状況を簡単に確認してコントロールできるため、エンジニアはライセンス管理業務以外のことにも手が回るようになります。

コストを削減できる

ライセンスの使用状況が一元的に表示されて「見える化」できるため、ライセンス管理の手間を削減でき、エンジニアが関わるコストを減らすことが可能です。

コンプライアンス違反の防止

AWS License Manager を使えば、管理者はライセンスの使用制限を設定できます。
もしライセンスの使用制限を超えた場合、管理者にアラートが通知されます。
これによってコンプライアンス違反を防ぐことが可能です。

AWS License Managerはソフトウェアライセンスを管理するサービス

適切にソフトウェアライセンスを管理できれば、契約やコンプライアンス違反を防ぎやすくなるため、思わぬ損害を被る可能性を低くすることができます。
管理が行き届いている環境であれば、エンジニアがライセンスのことをあまり気にせず働くことができるため、業績アップに繋がるかもしれません。

ソリューションアーキテクトアソシエイトの取得エンジニアを紹介いたします。