MENU

AWSエンジニアを採用する前に覚えたいAWSの機能:AWS Compute Optimizerとは

ここではAWS(Amazon Web Service)の中から、AWS Compute Optimizerについて説明していきます。
AWS Compute Optimizerとはどういったもので、使うことでどのようなメリットを受けられるのでしょうか?
AWSの知識があるエンジニアを雇う前にご覧いただければと思います。

AWS Compute Optimizerとは

AWS Compute Optimizer

AWS Compute Optimizerはユーザーの環境等を分析し、パフォーマンスの向上や最適化のために必要なコンピューティングリソースを提案してくれるサービスです。

AWS Compute Optimizerでできること

AWS Compute Optimizerを使えば、専門知識がなくても最適なAWSリソースを見つけることができます。
パフォーマンス向上のために何をすればいいのかを考える時間や試行錯誤するコストを大きく削減できるため、効率的に業務を改善できます。

AWS Compute Optimizerの料金

Compute Optimizer自体の利用に料金はかかりません。
EC2 インスタンスタイプと EC2 Auto Scaling グループの構成を推薦してくれる機能であれば、無料で利用できます。

エンジニアがAWS Compute Optimizerを使用するメリット

メリット

ここからはAWS Compute Optimizerの具体的なメリットを見ていきましょう。

コスト削減

AWS Compute Optimizerは不足しているリソースの特定を自動的かつ迅速に行います。
これによって、専門知識を持ったエンジニアが問題を特定する手間と時間を大幅にカットできます。
また、不足しているリソースだけでなく、必要のないリソースについても提案してくれるため、不要部分をカットしてコストを削減することができます。

パフォーマンスの最適化

AWS Compute Optimizerは140 以上もの EC2 インスタンスタイプオプションから、最大 3つのオプションを提案してくれます。
その際に、提案されたオプションにおけるCPUやメモリ使用率なども推測してくれます。
エンジニアは提案されたオプションを実装する前であってもCPUやメモリ使用率が理解できるため、比較検討がしやすくなり、パフォーマンスの最適化を図ることができます。

すぐに使える

AWS Compute OptimizerはAWS コンソールから数回クリックするだけで使えます。
企業やエンジニアが時間とお金をかけて問題を特定する必要はありません。

AWS Compute Optimazerはパフォーマンスアップとコスト削減の強い味方

AWS Compute Optimizerを活用すれば、従来エンジニアが時間をかけて見つけなければならなかったパフォーマンスアップのための問題特定が簡単に終わります。
この結果、エンジニアは他の仕事に注力することができますし、ひいては企業の業績アップにも繋がります。
採用担当者は人件費節約のため、AWS Compute Optimizerについて把握しておくといいでしょう。

ソリューションアーキテクトアソシエイトの取得エンジニアを紹介いたします。