MENU

顧客との関係を改善!Amazon Connectとは

従来のコールセンターの構築は、時間も費用もかかりました。
しかし、AWSクラウド型コンタクトセンターサービスの登場で導入も簡単になっています。Amazon Connectは、そのひとつです。
この記事では、Amazon Connectの特徴やメリットを解説します。

Amazon Connectとは

Amazon Connectとは、スケーラブルで信用性の高い顧客窓口を構築できるクラウド型のコンタクトセンターサービスです。オンプレミスしか活用できなかったころのコールセンターは、PBXの設置や電話機器、回線などを準備して構築していました。

しかし、クラウド型のコールセンターが登場し、新たに用意する機器などが不要となっています。とはいっても、電話回線は別の契約になったり、使用回線の制限があります。

Amazon Connectでは、実質的に利用回線の制限がなく信頼性の高いサービスが利用可能です。(従量課金制のため)また、オムニチャネルに対応できるようにゼロから設計されています。

スキルベースのルーティング、リアルタイム分析、直感的な管理ツールが備わっているため、コンタクトセンターの運用の簡素化が可能です。

Amazon Connectの費用は、音声通話とチャットの使用量で決まります。音声通話は1分あたり0.018USDとなり、チャット使用はメッセージ1件あたり0.004USDです。また、テレフォニー料金は、発信者番号と受信者番号により定めています。

なお、AWSの無料利用枠としてAmazon Connectは12ヶ月間無料で使えます。

Amazon Connectを使用するメリット

Amazon Connect

 

Amazon Connectを使用するメリットは以下のとおりです。

  • 数ヶ月ではなく数分で変更を行う
  • 従来のコンタクトセンターソリューションを最大 80% 節約
  • 予測不可能な需要に合わせて簡単にスケーリング
  • オムニチャネルのカスタマーサービス
  • 柔軟性と俊敏性
  • すぐに使えるインテリジェンス

前述のとおり、Amazon Connectは設定や使用が簡単です。そのため、イノベーションの速度を向上できます。何ヶ月ものカスタム開発ではなく、直感的なUIで変更できるのはメリットです。

導入費用も必要最小限となるため、従来のコンタクトセンターから大幅なコスト削減ができます。また、コンタクトセンターの拡大や縮小は任意で行えるため、予測不能な需要にあわせてスケーリングできることもメリットです。

Amazon Connectの音声やチャットによる単一のコンタクトセンターを通じてシームレスでオムニチャネルのカスタマーサービスは問題解決を迅速化できます。

さらに、カスタマーリレーションシップマネジメント、ワークフォース最適化、ワークフォース管理システムなどで、柔軟性や機敏性を生みます。Amazon ConnectはAI対応であることから、顧客サービスの改善もしやすいです。

Amazon Connectで顧客のニーズを満たしていこう

Amazon Connectは、使いやすいクラウドコンタクトセンターサービスです。導入もスムーズに行えて、エンジニアのコスト削減につながるサービスといえます。従来のコンタクトセンターよりも、顧客との関係性を改善しやすくなっています。

導入を検討してみてはどうでしょうか。

ソリューションアーキテクトアソシエイトの取得エンジニアを紹介いたします。