ブログTOP > AWSエンジニア > AWSで使われている開発手法:DevOpsとは

AWSで使われている開発手法:DevOpsとは

AWSエンジニア 更新日:2022.08.02
エンジニア採用
AWSで使われている開発手法:DevOpsとは

AWSでは、DevOpsという開発手法が用いられています。
DevOpsとはどのような特徴を持つ手法なのでしょうか。
DevOpsの概要とそのメリット、DevOpsでAWSを利用するメリットについてご紹介します。

DevOpsとは

DevOps

DevOpsとは、Development(開発)とOperation(運用)を組み合わせて作られた言葉です。
これまでは、開発チームと運用チームは求められる役割の違いから衝突することも多くありました。

しかし、DevOpsは開発側と運用側が協力して連携し合い、より良いものを開発する手法です。
両者が連携して1つの目標を目指すことで、これまで以上に柔軟かつスピーディーに開発を進めることができ、より優れた機能を安定した品質で継続的にユーザーに提供することを可能にするものです。

また、開発チームと運用チームが共同で作業を行い、コミュニケーションを活性化させることで互いのワークフローを合わせて業務の効率化を図ることができます。
それに加えて、DevOpsではインフラ構築を自動化するツールやテストの自動化などさまざまなスキルやツールを積極的に活用します。

これによって、より作業の効率を高めて時間を節約し、無駄な作業を減らすことができます。
DevOpsでは、スピーディーに新しい機能の開発や修正を行い、リリースすることができるため、より迅速にクライアントの要望に応えることができるようになります。

DevOpsでAWSを利用するメリット

メリット

AWSエンジニアは、DevOpsの手法を活用するためのさまざまなサービスを提供しています。
AWSを利用するメリットの1つに、AWSはフルマネージドサービスであることが挙げられます。

インフラのセットアップやインストールの必要がないため、時間と手間をかけずに利用を始めることができます。
また、WASではデプロイ、開発やテストのワークフローの作成、コンテナ管理などこれまで人が行ってきた作業をオートメーション化することができます。

セキュリティの面では、AWS Identity and Access Managementを活用することによりリソースにアクセスができる利用者やリソースへのアクセス方法などを細かく設定することができます。
そして、AWSは使用した分に応じた費用を支払う料金システムをとっているため、初期費用などの導入コストを心配することなくサービスを利用することができます。

開発と運用が協力することで多くのメリットを生み出すDevOps

DevOpsとは、開発チームと運用チームが連携してプロダクトの開発、運用を進める開発手法です。
DevOpsでは、2つのチームが同じ目標を目指し、さまざまな便利なツールや技術を使い、より効率的に、品質の高い機能を開発し、リリースすることができるようになります。
AWSのDevOpsツールは、従量課金制でフルマネージドサービス、さまざまなオートメーション機能が用意されているなど、導入しやすいメリットがそろっています。

AWSエンジニアの記事一覧へ

カテゴリから記事を探す

すべての記事一覧へ