MENU

AWSエンジニア入門:AWS Amplifyとは

AWS Amplifyはモバイルアプリケーションとウェブアプリケーションを開発するためのプラットフォームです。
AWSクラウドを活用できるため、幅広いサービスからアクセスできます。
本記事では、AWSエンジニアがAWS Amplifyを使うメリットなどを紹介します。

AWS Amplifyとは

AWS Amplify

AWS Amplifyはモバイルアプリケーションとウェブアプリケーションを構築できる開発プラットフォームです。
ユーザー認証、データとユーザーのメタデータの保存、データへの選択的なアクセス許可などさまざまな作業を容易にしてくれます。
モバイルアプリケーション開発ワークフロー全体をカバーしており、ビジネス拡大に伴う多数のユーザーをスケーリングできます。

AWS Amplifyの特徴

AWS Amplifyではアプリケーション機能のためにAWSクラウドを活用できます。
そのため非常に幅広いサービスから選んでアクセスできます。
さらにAndroidとiOSどちらも構築できるソリューションを提供しており、どのプラットフォームでも構築可能です。
そしてAWS Amplifyには、デバイス上のデータストアとバックエンドのデータストアを同期できる機能があります。
デバイスがオフライン時にはAWS Amplifyを使用し、ローカルにデータの問い合わせと書き込みが行われます。
またデバイスがオンラインに戻ると、自動的に同期してくれます。

エンジニアがAWS Amplifyを使用するメリット

メリット

AWS Amplifyには以下のようなメリットがあります。

AWSサービスを使ったアプリケーションを簡単に開発できる

AWS Amplifyは、シンプルなインターフェースと高機能なバックエンドが特徴のサービスです。
AWS Amplifyを使えば、さまざまなAWSサービスとフロントエンドアプリケーションのつなぎこみが簡単に行えます。

Web・モバイルアプリケーション開発をサポートしてくれる

AWS AmplifyはReact、React Native、 Angularなどのさまざまなフレームワークに対応しています。
開発したいアプリケーションの要件に合わせて最適なものを選べます。
また開発時に必要なAPIリファレンスなども整備されているので使いやすいのが特徴です。

AWS製のOSSとして公開

AWS AmplifyはOSSとしてgithubで公開されています。
機能追加や改善要望などを世界中から受け付けており、他の開発者や利用者と議論することでブラッシュアップしていきます。
またソースコードも公開されており、必要に応じて最適化やカスタマイズも自由にできます。

アプリケーションが簡単に開発できる

AWS AmplifyはモバイルアプリケーションやWebアプリケーション開発をサポートしてくれるサービスです。
AWS Amplifyを利用することで、AWSのさまざまなサービスを使ったアプリケーションを簡単に開発できるのが特徴です。
モバイルアプリケーションやWebアプリケーション開発を考えている企業は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。