MENU

AWSエンジニアを採用したい人事担当向けのAWS入門:AWS Cost Explorer

クラウドサービスが浸透してきており、導入する企業も徐々に増えています。
そのためクラウドサービスでトップシェアを誇るAWSに詳しいエンジニアを採用したいと考える企業も多いのではないでしょうか。
本記事ではAWSサービスのひとつ「AWS Cost Explorer」について紹介します。

AWS Cost Explorerとは

AWS

AWS Cost ExplorerはAWSのコストと使用状況を可視化し、管理できるツールです。
メイングラフ、コスト、使用状況レポートなどを使用して、使用状況とコストをすぐに確認できます。
AWS Cost Explorerでは過去13ヶ月までのデータが表示され、今後3ヶ月どれくらいのコストがかかるのかを予測してくれます。
また調べる必要がある分野を特定し、コストを把握しやすくしてくれる機能もあります。
AWS Cost Explorerにアクセスすると、当月のデータは約24時間後に表示可能です。
少なくとも24時間ごとにコストデータが更新されます。
AWS Cost Explorerのユーザーインターフェースを利用してコストと使用状況を調べるのは無料で行えます。
AWS Cost Explorer APIでデータにアクセスすることも可能です。

エンジニアがAWS Cost Explorerを使用するメリット

AWS Cost Explorer

エンジニアがAWS Cost Explorerを使用するメリットには以下のような特徴があります。

すぐに使用できる

AWS Cost Explorerには、コスト発生要因や使用状況をすばやく把握・管理するのに役立つデフォルトレポートが含まれています。
そのためすぐに利用を開始できます。

時間間隔を設定できる

AWS Cost Explorerではカスタム期間を設定することで、月次レベルと日次レベルどちらでもデータを表示できるようになります。

将来のコストを予測する

AWS Cost Explorerは今後3ヶ月のコストと使用量を事前に予測してくれます。
そのため予測を見て事前に計画することが可能です。

データをフィルタ処理できる

ディメンションを使用し、フィルタ処理とグループ化の機能が使用できます。
これらの機能を活用することで、よりデータを詳しく調べられます。

プログラムからデータにアクセスできる

AWS Cost Explorerを強化できるアドホック分析エンジンにアクセスすることができます。

レポートとして保存可能

役立つビューなどがあれば、進捗状況を新しいレポートとして保存可能です。
保存したレポートは後から見直すことができます。

コストの把握がしやすいサービス

コストの最適化を図るには、現状の使用状況やコストを把握することが重要です。
AWS Cost Explorerを使えば、AWS利用料金をすばやく正確に把握し、分析できます。
また3ヶ月先のコストを予測してくれるので、これからの計画も立てやすくなります。
正確にコストを把握し、無駄な出費を抑えたいと考えている企業は、導入を検討してはいかがでしょうか。