MENU

エンジニア採用の担当者が知るべきインフラの関連用語:「クラウドインフラ」

多くのサービスがクラウド化している現代、クラウドに関する知識も多く求められるようになりました。そのなかでもエンジニアの採用担当者が知っておきたい用語のひとつが「クラウドインフラ」です。
本記事ではクラウドインフラとは何か、クラウドインフラの利点にはどんなものがあるのか紹介します。

クラウドインフラとは

クラウドインフラとは、インフラに関する機能を貸し出すサービスのことです。
たとえばAmazonが提供する「AWS」の中の「Amazon EC2」などがクラウドインフラに当たります。

クラウドが登場する前は、自社の施設内にインフラを設置する運用方法が一般的でした。
そのためサーバーやネットワーク構築・運用に関するスキルだけでなく、物理的な保守スキルなども必要だったのです。

クラウドの技術が一般的となってくると、自社でインフラを調達する必要がなくなりました。
インターネットを介して提供される画面でインフラの構築や運用ができるようになったのです。

クラウドインフラの利点

クラウドサービス

このクラウドインフラにはいくつかの利点があります。

自社にサーバーを設置しなくてよい

まず自社で物理的なインフラを調達・設置する必要がなくなりました。
パソコンやサーバーを新たに購入・設置して、OSなどをインストールする作業をせずに、すぐに利用できるようになったのです。
クラウドの登場前は、インフラ機器を構築する前に数か月の期間が必要でした。
しかしクラウドインフラを利用すれば、すぐに調達・構築が可能となります。

コストを抑えられる

機器などを新しく用意する必要がないため、コストを抑えられます。また固定費が利用料のみなので、コスト計算が容易です。
さらにセキュリティも、サービス提供側のセキュリティ対策を利用することで、コスト削減につながります。

運用性に優れている

クラウドインフラはインターネットにつながる環境があればどこからでも利用可能です。
また運用自体がサービス化されている場合もあります。

拡張性がある

サービスを組み合わせることで、より多くの機能を実装できる場合があります。
サービスの提供者がそのまま提供する機能のため、既存の機能と親和性が高いのが特徴です。

耐障害性もある

サービス提供者が耐障害性に関するサービスを提供していることも多く、低コストで耐障害性を持たせたシステムを利用することができます。

これからの時代に必須な技術

クラウドインフラはこれからのインフラ構築・運用に必須の技術です。利点が多いサービスですが、デメリットも存在します。
クラウドエンジニアを採用する際は、メリットとデメリットを把握したうえで