MENU

AWSエンジニアを派遣会社に派遣してもらうメリットとデメリット

この記事では、AWSエンジニアを雇う際のポイントを解説します。AWSエンジニアの採用は、派遣会社を活用するのが効果的です。派遣社員のAWSエンジニアを雇うメリットとデメリットを中心に解説していきます。AWSエンジニアの雇用を考えている場合は、ぜひ、参考にしてください。

派遣社員のAWSエンジニア雇うメリットとデメリット

まずは、派遣社員のAWSエンジニアを雇うメリットとデメリットを解説します。メリットは以下になります。

  • 即戦力の人材の採用
  • ミスマッチが減る
  • 人件費や労務コストが減る
  • 必要に応じて採用できる

派遣会社の活用メリットは、自社のニーズにあう人材を円滑に採用できることです。派遣会社に要望を伝えると、即戦力のエンジニアの採用ができます。ですから、採用した人材と自社ニーズのミスマッチを防げるわけです。

それから、自社で採用する場合は、採用活動、労務管理など様々な労力や費用がかかります。それらのコストは派遣会社に依頼することで解決できます。派遣社員は派遣会社と雇用契約を結ぶため、福利厚生費などを負担する必要がありません。

また、繁忙期や欠員に応じて採用ができるのも派遣会社のメリットです。

一方で、以下のデメリットは覚えておいてください。

  • 契約期限がある
  • 契約の違いからコミュニケーションのとりにくさ
  • 契約内容以外の依頼ができない

派遣エンジニアは、契約期間が決まっています。派遣期間が終わった後に、そのエンジニアが担当した案件のメンテナンスや保守が必要な場合もあるでしょう。後任をあらかじめ決めておくなど、対応を検討してください。

また、正社員と派遣エンジニアでは待遇に違いがあります。待遇が違っても同じチームの一員ならば、温度差が生じる場合があります。

チームでプロジェクトを進めても、派遣エンジニアには契約内容以外の業務を依頼することはできません。プロジェクトの進行に応じたトラブルを想定して、契約することも大事です。

以上のようなメリットとデメリットを把握して、派遣会社を利用してください。

人手不足の企業にとっては派遣会社は救世主となる

派遣会社を利用するメリットを考えると、人手不足の企業は派遣会社の活用が有効です。経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」では、2030年にIT人材が最大で約79万人不足することがわかっています。

また、AWS(Amazon Web Service)のようなクラウドサービスは、これまで影響を与えてきた技術となっています。今後もサービスの提供が拡大していくものとみられ、AWSエンジニアの需要も高まっていくでしょう。

そのような市場では人材確保が重要となるため、派遣会社のように効率的な人材採用ができるものは非常に有効です。

AWSエンジニアの採用は派遣会社を利用

派遣会社を活用するAWSエンジニアの採用は、メリットが多いです。一方でデメリットもあるので、対応を考えて活用してください。人手不足が懸念されるIT業界において、派遣会社の活用は有効です。ぜひ、派遣会社の活用を検討してみてください。

出典元:【IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果】
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

ソリューションアーキテクトアソシエイトの取得エンジニアを紹介いたします。