MENU

AWSエンジニアを進歩させるAWS認定の種類:クラウドプラクティショナー

近年では、代表的なクラウドプラットフォームであるAWSを扱えるAWSエンジニアの需要が伸びてきています。
そこで、ここではAWS認定の1つであるクラウドプラクティショナーについてご紹介します。

AWSの認定資格「クラウドプラクティショナー」とは

コンサルタント
その他のAWSの認定資格がある特定の領域での知識・技術を証明するのに対し、クラウドプラクティショナーはAWSの基本的知識がある個人を対象としています。
専門知識認定を取得する前の準備として受けることが推奨されている、最もベーシックな認定資格だといえます。
以下では、クラウドプラクティショナーの認定資格によって証明できる能力をみていきましょう。

AWSクラウドの概要やアーキテクチャ原理を説明できる

AWSクラウドとは何なのかを正しく理解し、定義できるということが証明できます。
また、アーキテクチャ原理についての理解も裏付けます。

AWSプラットフォームの主なサービスについて説明できる

AWSでは、分析やデータベース、ストレージインフラストラクチャ、コンピューティングサービスなどをはじめとした様々な種類のサービスを提供します。
クラウドプラクティショナーでは、これらのサービスについての知識も試験されます。

請求、アカウントマネジメント、料金モデルを理解している

実際にサービスを使うときに必ず考慮しなければいけないのが、予算についてです。
クラウドプラクティショナーの試験では、請求、アカウントマネジメント、料金モデルについての知識があるかどうかも問われます。

AWSの認定資格「クラウドプラクティショナー」が認定されるためには

ここでは、クラウドプラクティショナーの認定資格に合格するために必要なことについてご紹介します。

AWSクラウドの使用経験がある

テクノロジーやマネジメント、ファイナンスなどの分野において、6カ月以上のAWSクラウド使用経験を持っていることが推奨されています。

ITおよびAWSサービスの基礎知識がある

ITサービスについて、基本的な理解があることが求められます。
また、AWSサービスについての知識も持っている必要があります。

クラウドプラクティショナーはAWSの基礎の証明

若いエンジニアを雇う場合でも、基礎は知っておいてほしいというのが本音なのではないでしょうか。
採用の際には、ぜひAWSに関する基礎知識があることを証明するクラウドプラクティショナーに注目してみてください。