MENU

AWSエンジニアを進歩させるAWS認定の種類:ソリューションアーキテクト

AWS認定には色々な種類がありますが、そのうちの1つが「ソリューションアーキテクト」です。
ここでは、ソリューションアーキテクトの認定資格が証明する能力や認定されるために必要な知識・経験についてまとめました。

AWSの認定資格「ソリューションアーキテクト」とは


ソリューションアーキテクトの認定資格に歯、アソシエエイトとプロフェッショナルの2種類があります。
アソシエイトはAWSにおける分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性、スケーラビリティの設計に関して1年以上の経験を持つAWSエンジニアを対象としています。
それに対し、プロフェッショナルの対象者はAWSにおけるシステム管理や運用に関して2年以上の実務経験を持つAWSエンジニアです。
アソシエイトとプロフェッショナルの認定資格では、証明できる能力がそれぞれ異なります。

ソリューションアーキテクト アソシエイト

AWSを利用してアプリケーションの構築やデプロイをするための知識があること、また顧客のニーズに応じたソリューションを提供できることなどを証明します。

ソリューションアーキテクト プロフェッショナル

AWSを用いて大きな規模での運用の設計やデプロイができること、またコストコントロール戦略を導入することができることなどを証明します。

AWSの認定資格「ソリューションアーキテクト」として認定されるためには

ここでは、ソリューションアーキテクトとして認定されるために必要な知識・経験について、アソシエイトとプロフェッショナルのそれぞれにおいてみていきましょう。

ソリューションアーキテクト アソシエイト

AWSのコンピューティング、ネットワーキング、ストレージ、データベースサービスなどについての正しい理解や実践的な経験が必要とされます。
またAWSプラットフォームでアプリケーションを構築する際に、安全性と信頼性に配慮したベストプラクティスを運用できる能力も求められます。

ソリューションアーキテクト プロフェッショナル

AWSのソリューションアーキテクトとして2年以上の実務経験があり、クラウドアーキテクチャについて深い理解がある必要があります。
AWSの様々なサービスに関する知識も求められ、顧客への提案経験は大きなアドバンテージになります。

ソリューションアーキテクトは高い知識と技術の証明

アソシエイトにしろプロフェッショナルにしろ、ソリューションアーキテクトの認定資格は高い知識と技術の証明であることに間違いありません。
採用の際には、ソリューションアーキテクトを含めたAWS認定資格にも着目してみてはいかがでしょうか。

ウェビナー
ソリューションアーキテクトアソシエイトの取得エンジニアを紹介いたします。