MENU

AWSエンジニアを進歩させるAWS認定の種類:認定開発者

AWSエンジニアの知識やスキルを証明する認定試験はいくつかありますが、そのうちの1つが「認定開発者」です。
ここでは、認定開発者を持っていることによってどのような能力が証明されるのか、また認定を受けるためにどのような知識や経験が必要なのかについてまとめました。

AWSの認定資格「認定開発者」とは


AWSの認定資格である認定開発者は、AWSを用いたアプリケーションの開発・保守において1年以上の実務経験を持つAWSエンジニアを対象とした認定試験です。
認定開発者を持っていれば、AWSのサービスに精通したAWSエンジニアの中でも特に高いレベルでの知識とスキルを持っていることが証明されます。
以下では、認定開発者ができることについてみていきましょう。

AWSの主要サービスの使用

AWSが提供しているサービスには、分析、データベース、ストレージインフラストラクチャ、コンピューティングサービス、IoTなど様々な種類があります。
認定開発者は、これらの中でも主要なサービスは十分に使いこなせる必要があります。
またAWSの基本アーキテクチャについても知識があり、効率の良い使用方法を理解していることが求められます。

クラウドベースのアプリケーションの開発・デプロイ・デバッグ

自社のサーバに頼らず、クラウドベースでアプリケーションの開発を行うことができます。
また、運用するための設定やバグ・欠陥が見つかったときの修正も併せて行います。

AWSの認定資格「認定開発者」として認定されるためには

認定開発者として認定されるためにはAWSのサービスについて深い理解があることが絶対条件ですが、必要な知識・経験はそれだけではありません。
例えば、PrologやHaskellに代表される抽象度の高い「ハイレベルプログラミング言語」のうち、最低でも1つに精通している必要があります。
また、アプリケーションのライフサイクル管理についての理解やクラウドネイティブアプリケーションの知識を用いたコード記述なども必須だといえます。
さらにアプリケーション開発に必要なコンテナ技術なども求められるため、認定開発者は幅広い分野において深い知識を持っているといえるでしょう。

AWSエンジニアを採用するなら認定開発者

AWSを使えるエンジニアはたくさんいますが、その知識・技術レベルは人によって大きく異なります。
だからこそ、採用の際には認定資格を保有しているかどうかを確認する必要があります。
認定開発者としての認定を受けているAWSエンジニアであれば幅広い業務を任せられるため、安心だといえるのではないでしょうか。

ソリューションアーキテクトアソシエイトの取得エンジニアを紹介いたします。