MENU

【採用担当必見!】AWSエンジニアに任せるべき業務:機械学習編

AWSエンジニアが担当する分野として、機械学習システムの構築があります。
人工知能を設計・構築する上で必要となる分野とされています。
AWSでは機械学習のサービスも提供されています。
本記事ではAWSで構築可能な機械学習について紹介します。

知っているようで知らない「機械学習」


機械学習は人工知能に関わる分析技術として挙げられています。
人工知能・機械学習・ディープラーニングはそれぞれ包含関係にあります。
人工知能に関する分析技術に「機械学習」があり、機械学習のひとつに「ディープラーニング(深層学習)」があります。
機械学習はデータから規則性や判断基準などを学習し、そのデータに基づいて予測・判断する技術とされています。
その機械学習のひとつとして「ディープラーニング(深層学習)」があります。
ディープラーニングはより基礎的で広範囲な機械学習の手法のひとつ「ニュートラルネットワーク」の分析手法を拡張・高精度にした手法です。

AWSで機械学習のシステムの構築ができる

AWSでも機械学習システムを構築できます。
AWSではビジネス向けの広範囲なAIサービスが提供されています。
またAWSはアプリケーションにインテリジェンスを比較的簡単に追加できるため、機械学習のスキルは不要です。
ここではAWSの機械学習サービスを3つ紹介します。

画像と動画の分析

機械学習の専門的な知識やスキルが無くても、高度な深層学習テクノロジーを使用して、アプリケーションに画像や動画の分析結果を追加できます。
さらに人物やテキスト、シーン活動などを特定し、不適切なコンテンツを検出することもできます。
またアセットの一覧化、メディアワークフローの自動化を行い、意味を抽出可能です。

予測

機械学習機能を利用し、高精度の予測が可能なサービスです。
Amazon.comで使用されているものと同じ機械学習予測スキルを利用し、正確な予測モデルが構築できます。
過去のデータと予測に影響を与える可能性のある追加データだけで、予測モデルを作成可能です。

翻訳

費用対効果の高い翻訳を使うことにより、多言語でアプローチが可能になります。

高い機械学習のスキルが無くても構築可能

近年ではビジネスの場でも人工知能が使われるようになり、機械学習のスキルも必要になってきました。
AWSでも機械学習のサービスが提供されています。
AWSでは高い機械学習のスキルが無くてもインテリジェンスを比較的簡単に追加できるのが特徴です。
業務やサービスに取り入れようと考えている方は、AWSのサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

ソリューションアーキテクトアソシエイトの取得エンジニアを紹介いたします。