MENU

エンジニア採用の担当者が知っておくべきAWSの基本【クラウドサービスとは】

AWS(Amazon Web Service)は、Amazonが提供しているクラウドサービスです。
クラウドと言う言葉自体は耳にする機会が増えていますが、クラウドサービスとはどのようなものなのでしょうか。
採用担当者がAWSのエンジニアを採用する際に、最低限知っておくべきクラウドサービスの基礎知識について紹介します。

クラウドサービスとは何か?

クラウドサービスとは、これまで手元のコンピューターに導入や保存をしていたソフトウェアやサーバ、データなどをインターネット経由で利用者に提供するサービスのことです。
Webメールは、クラウドサービスの代表的なもので、メールソフトをインストールしなくてもインターネットに接続できるパソコンやスマートフォンなどがあれば、端末を選ばずに自身のアカウントにあるメールボックスにアクセスすることができます。
従来は、利用者はサーバやソフトウェアなどを購入し、自身でそれらの運用や管理を行ってきました。
しかし、クラウドサービスでは、遠隔地にあるサーバやソフトウェアなどを必要に応じて利用することができるようになります。
そのため、機材を購入する必要がなく、その運用や管理の手間も省くことができるようになり、コストダウンや業務の効率化を実現することが可能になります。

クラウドサービスには3つの種類がある

cloud

クラウドサービスには、SaaS、PaaS、IaaSの3つの種類があります。

SaaS

「Software as a Service」の略で、ソフトウェアを提供するサービスです。
利用者は、インターネットを介してソフトウェア機能を利用します。
従来のようにソフトウェアを購入したり、インストールしたりする必要はなく、使用した分の使用量を支払い、どの端末からでも機能を利用することができます。

PaaS

「Platform as a Service」の略で、アプリケーションの開発環境を提供するサービスです。
OSやサーバなどのプラットフォーム開発機能を、インターネットを介して利用することができます。
開発環境を構築する必要がないため、アプリケーションの開発に要する時間を短縮することができます。

IaaS

「Infrastructure as a Service」の略で、OS、サーバ、CPU、メモリ、ストレージなどのインフラを、インターネットを通じて提供するサービスです。
カスタマイズの自由度が高く、処理の負荷に応じて自由にサーバのリソースを増減することができます。

普及の進むクラウドサービス

クラウドサービスは、インターネットを通じて遠隔地にある別のコンピューターにアクセスし、さまざまな機能を利用できるサービスです。
業務の効率化や省コスト化などのメリットがあり、急速に普及しているサービスです。