ブログTOP > エンジニア採用担当向け > エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ9選|エンジニアへの理解が第一歩!

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ9選|エンジニアへの理解が第一歩!

エンジニア採用担当向け 更新日:2022.07.08
エンジニア採用
エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ9選|エンジニアへの理解が第一歩!

なぜエンジニア採用でミスマッチが発生するのか?

エンジニア採用では、雇用条件や採用者の持っている技術、スキルレベル、労働環境などのミスマッチが発生するケースが少なくありません。

 

なぜエンジニア採用でミスマッチが発生するのでしょうか。理由としては、求めるスキルを明確に示せていない点や開発対象の認識にズレがあり、面接時に求めている人物像がぼやけている点が挙げられます。

エンジニア採用でミスマッチが発生する理由5つ

採用のミスマッチは企業側、採用される側の両者にとって不幸な結果です。そうならないためにも、ミスマッチが発生する理由について詳しく見ていきましょう。

 

エンジニア採用でミスマッチが発生する理由には、求めるスキルを明確に示せていない・開発対象の認識にズレがある・過去の技術や実績をあてにしている・技術面ばかりを重視している・的外れな求人の出し方をしている、などがあります。

ミスマッチが発生する理由1:求めるスキルを明確に示せていない

エンジニア採用でミスマッチが発生する理由として1つ目は、求めるスキルを明確に示せていないことです。求めるスキルを明確に示せなければ、業務で必要なスキルを持っていない人材が応募し、採用される確率が高くなります。

 

面接官がエンジニアではない場合や、開発の場を経験したことがない場合は、スキルについての知識が浅くなってしまい、学歴や社歴、資格などで判断してしまう危険性があるでしょう。

ミスマッチが発生する理由2:開発対象の認識にズレがある

エンジニア採用でミスマッチが発生する理由として2つ目は、開発対象の認識にズレがあることです。業界によっては開発環境に癖や違いがあるため、エンジニアのミスマッチが起こってしまうことがあります。

 

特に現場の即戦力が欲しい場合、開発対象の認識を合わせて、選考時に応募者と話をする必要があります。

ミスマッチが発生する理由3:過去の技術や実績をあてにしている

エンジニア採用でミスマッチが発生する理由として3つ目は、過去の技術や実績をあてにしていることです。過去の技術や実績も経験値として高く評価しても良い部分ですが、採用枠としてそのような人物が自社にとって必要かは別の問題でしょう。

 

過去の実績は1つの指標とした上で、現在どのようなスキルを持っていて、今後どう活躍してくれるのかという点を見ることが大切です。

ミスマッチが発生する理由4:技術面ばかりを重視している

エンジニア採用でミスマッチが発生する理由として4つ目は、技術面ばかりを重視していることです。技術面だけで合否を判断してしまうと、ビジネススキル面で問題がある人物が採用されてしまうことがあります。

 

開発ではチームで作業することも多く、コミュニケーション能力や、スケジュールを把握する納期感覚など、プロジェクトを円滑に進行させていくためには一般的なビジネススキルは必要になります。

ミスマッチが発生する理由5:的外れな求人の出し方をしている

エンジニア採用でミスマッチが発生する理由として5つ目は、的外れな求人の出し方をしていることです。同じような製品を扱っている職種とはいえ、その企業の開発環境によって必要なスキルは多岐に渡ります。

 

人事があまり深く考えず募集してしまい、現場にとって採用者が本当に必要な人材でなかったというケースは少なくありません。的外れなポイントを重視した求人を出しているとこのようなケースが発生しかねないため、注意が必要です。

エンジニア採用においてミスマッチを防ぐ重要なこと3つ

次は、エンジニア採用においてミスマッチを防ぐ重要なこと3つについて紹介します。ミスマッチが起こらないよう、押さえておくべきポイントはしっかりとチェックしておきましょう。

 

エンジニア採用においてミスマッチを防ぐには、配属先・求めるスキル・エンジニアと自社の方向性の一致が重要になります。

ミスマッチを防ぐ重要なこと1:配属先

エンジニア採用においてミスマッチを防ぐ重要なこととして、配属先があります。求人を出す前に、社内のどこのポジションに配属するかを決定させましょう。

 

この部分が曖昧だと、求める人物像も曖昧なままになり、ミスマッチが発生します。どのチームに配置するか、誰の下につけるか、どのような業務を担当させるかなど整理しておきましょう。

ミスマッチを防ぐ重要なこと2:求めるスキル

エンジニア採用においてミスマッチを防ぐ重要なこととして、求めるスキルがあります。具体的にどのようなスキルが必要なのか現場のエンジニアに細かく聞き、提示しましょう。

 

例えば、開発環境は、MySQL・Oracle・Linux、開発言語はJava・PHP・C/C++など、そのほかマネジメント経験の有無、コミュニケーション能力に問題がないか、などです。募集枠に近い社内エンジニアの事例なども、選考の際に考慮するといいでしょう。

ミスマッチを防ぐ重要なこと3:エンジニアと自社の方向性の一致

エンジニア採用においてミスマッチを防ぐ重要なことに、エンジニアと自社の方向性が一致しているかという問題があります。

 

応募してきたエンジニアが、どういった方向性で発展を遂げていたか、成長していたいか、会社の方向性と重なっているか確認しておきましょう。エンジニアは転職の多い職種です。ここでズレがあると、日が浅いうちに転職していく可能性があります。

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ9選

次は、エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ9選について紹介していきます。ミスマッチを防ぎ、より良い採用活動にしていきましょう。

 

エンジニア採用でミスマッチを防ぐには、社内でのエンジニアの貢献性を示す・必要知識をわかりやすく示す・写真や動画を見せて職場イメージを持たせる・エンジニアに特化した待遇やサポートを示す・開発事例を確認してもらう、などがポイントになります。

採用でミスマッチを防ぐコツ1:社内でのエンジニアの貢献性を示す

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ1つ目は、社内でのエンジニアの貢献性を示すことです。エンジニアは技術を売りにしていることもあり、自分の行った仕事で会社がどう発展するか、という部分を重視する傾向があります。

 

エンジニアの技術がどのように影響を及ぼすのか、社内でのエンジニアの貢献性を示すことで共感を得られれば、入社後の定着率が上がり、離職の可能性が低くなるでしょう。

採用でミスマッチを防ぐコツ2:必要知識をわかりやすく示す

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ2つ目は、必要知識をわかりやすく示すことです。必要知識は、ソフトウェアやハードウェア、データベースなどの基礎IT知識、必要なプログラミング言語、要件定義書や基本設計書の作成に必要なドキュメント作成スキルなどです。

 

文章で入れるよりも、一目でわかるように一覧で表示する項目を用意すると良いでしょう。必要知識が確実に相手に伝われば、ミスマッチ防止につながります。

採用でミスマッチを防ぐコツ3:写真や動画を見せて職場イメージを持たせる

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ3つ目は、写真や動画を見せて職場イメージを持たせることです。

 

どのような環境で仕事ができるのか、写真や動画で確認できると入社後の不安が薄れます。社内イベントの説明やオフィスで仕事をしている1コマなど載せると伝わりやすいでしょう。

採用でミスマッチを防ぐコツ4:エンジニアに特化した待遇やサポートを示す

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ4つ目は、エンジニアに特化した待遇やサポートを示すことです。経験や技術力を売りにしているエンジニアは、就職する会社で成長を後押ししてくれる制度が整っているかに注目します。

 

具体的には、社内で学習できる取り組みがあるか、セミナーに参加する場合費用面でサポートがあるか、などです。給与やキャリアステップの待遇についても、応募側は他社求人と比較するため必要です。

採用でミスマッチを防ぐコツ5:開発事例を確認してもらう

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ5つ目は、開発事例を確認してもらうことです。開発してきた事例を見れば、どのような開発に携われるのか、応募者がやりたいことと重なっているのか判断できます。

 

面接に入るまでに理解しておいてほしいところなので、自社のHPに開発事例がわかるページを用意しましょう。求人サイトで募集している場合は、そこから開発事例が分かるページのリンクを貼っておくことをおすすめします。

採用でミスマッチを防ぐコツ6:ターゲットに向けたメッセージを明確に伝える

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ6つ目は、ターゲットに向けたメッセージを明確に伝えることです。細かにスキルやプログラムの言語指定をしても、狙っていない層からの応募を防げるわけではありません。

 

条件だけではなく採用したい層に対して訴えかけるメッセージを入れましょう。例えば、「実現したい夢や目標を持っている方、開発だけでなく会社運営を学びたい方、ぜひ弊社で〇〇してみませんか」などです。

採用でミスマッチを防ぐコツ7:現場への理解を深める

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ7つ目は、現場への理解を深めることです。人事側が現場への理解を怠っていると、採用基準にズレが生じます。

 

あまり活躍できない人材を採用しても、現場は仕事を教える手間が増えてしまいますし、すぐに辞めてしまう可能性が高いでしょう。自社のエンジニアとヒアリングをして、採用ターゲットを明確にしていきましょう。

採用でミスマッチを防ぐコツ8:ビジネススキルのチェックも行なう

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ8つ目は、ビジネススキルのチェックも行なうことです。

 

面接では、履歴書に記載があっても、具体的にどのようなやり方で社内や顧客とコミュニケーションを取っていたか、実際の業務での経験値を確認しておきましょう。メールや電話のやりとりも抵抗がないか、という点も判断できます。

採用でミスマッチを防ぐコツ9:採用選考には専門知識の理解者を同席させる

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツ9つ目は、採用選考には専門知識の理解者を同席させることです。人事がエンジニアの業務を事前にある程度理解しておく必要がありますが、エンジニアという職種は専門性が高いため、把握しきるのは難しい部分があります。

 

面接では、実際に自社のエンジニアに同席してもらうと、専門知識を交えて面接が進めやすいでしょう。具体的な経験値やスキルについて、そこで確認し合えます。

ミスマッチの少ない採用方法は?

ミスマッチの少ない採用方法として、自社の社員を通じて人を紹介、推薦してもらう社員紹介採用があります。エンジニアであれば、同じ目線で会話ができる相手を紹介してくるケースが多く、ミスマッチが少ない傾向があるでしょう。

 

そのほか、企業からスカウトメールなどして、積極的に応募者にアプローチするダイレクトリクルーティングも、企業側から声をかけるのでマッチング率の高い採用活動が可能です。

ミスマッチを防ぐにはまずエンジニアへの理解を深めよう!

エンジニア採用でミスマッチを防ぐコツなどを紹介しました。採用のミスマッチは企業側、採用者双方にとってマイナスです。

 

採用者は自分に合ってないと感じれば離職する可能性が高く、企業側も採用活動の費用が無駄になるだけではなく、採用後の事務処理など余計な仕事が増えてしまいます。

 

こうした不幸にならないよう、採用のミスマッチを防ぐにはまずエンジニアへの理解を深めていきましょう。

エンジニア採用担当向けの記事一覧へ

カテゴリから記事を探す

すべての記事一覧へ